クオーターライフクライシスなる人生最悪の時期、20代後半の乗り越え方

f:id:zhutianzhengming:20200128112806j:plain

クオーターライフクライシスの、乗り越え方はあります。

しかし、この時期は経験を積み、将来への

助走期間としなければいけません。

 

そこで、具体的にやるべき事をここでは書いていきたいと思います。

 

目次

・クオーターライフクライシスとは

・自由な時間を作る

・体を鍛える習慣を作る

・お金はお金を稼ぐために使う

・人生最悪の時期の過ごし方で、今後の人生は変わってきます。

 

・クオーターライフクライシスとは

20代後半になると、仕事や恋愛、果ては、生きるということに

不安や焦りを感じる事と思います。

いわゆる、クオーターライフクライシスとは、

人生に対する焦りを覚える感覚のことです。

 

日本では、あまり馴染みがない言葉ですが、海外では

当たり前な考え方です。

 

この時期は、今後の人生のために経験値を積む事が大切となります。

 

そこで、具体例を上げていきたいと思います

 

・自由な時間を作る

将来の不安を解消するためには、今のこの瞬間を、

変えていかないといけません。

そのために、まずは自由な時間を作りましょう。

 

『忙しくて、自由な時間なんて作れないよ』と

思うかもしれません。

 

しかし、その考えは間違いです。

無駄な時間を過ごしてしまっているのです。

例えば、

1日にYouTubeやテレビを見ている時間です。

だらだらと、見てしまっていませんか?

 

また、通勤の時間です。

会社の近くや、転職をする事で自分の時間を作る事が

できます。

 

これって、変えるの厳しくないか?と思うかもしれません。

しかし、環境を変えない限り、今の状況は一生変わりません。

 

・体を鍛える習慣を作る

体を鍛える事は、自己肯定感を高める効果があります。

また、ネガティブな感情を抑制することにも繋がります。

 

理想的な体型を維持すること、それだけで、

ずっと、自分の人生にポジティブになれます。

 

体を鍛えることは、脳やメンタルを鍛えることにも繋がっていると

実感できるはずです。

 

体を鍛える習慣を作りましょう。

 

運動する事が大切。筋トレの習慣もあり。

 

・お金はお金を稼ぐために使う

自分の欲を満たすためだけに、お金を使っていませんか?

 

しかし、稼いだら稼いだだけお金を使っていては、

生活はずっと楽にならないし、不安からは逃げる事ができません。

 

ただ、目的もなく浪費をしていては、何も変わりませんし、

役に立ちません。

 

そのため、お金は、お金を稼ぐために使いましょう。

 

・人生最悪の時期の過ごし方で、今後の人生は変わってきます。

20代後半という、人生の大きめな節目。

たくさんの事を経験できる時期で、とても重要な時期です。

 

これからの人生のため、キャリアや、恋愛等

さらにいろんな経験を取り入れていきましょう。

20代後半が、人生最悪の時期と言われるわけ。

f:id:zhutianzhengming:20200127120540j:plain

20代後半は、人生に最も不安がある時期かと思います。

仕事の悩み、プライベートの悩み、お金の悩みなど

多種にわたる悩みがあると思います。

 

これらの悩みは、20代後半だからこそ起こる

『人生に対する焦り』からくるものなのです。

 

今までの人生では、経験することのなかった環境の変化、

20代後半の、人生に対する焦りから、悩みが多くなるのです。

 

目次

・クオーターライフ・クライシスとは

・他人の人生と比べてはいけない

・後悔しない選択をしましょう

・不安を口に出すのはやめましょう

・まとめ

 

・クオーターライフ・クライシスとは

クォーターライフ・クライシスとは、人生に対する焦りを覚える感覚

の事を言います。

 

20代後半から30代前半までの人に特に多い症状と言われています。

年を追うたびに、若くはいられないという焦りと、

早く安定を手に入れたい思いが積み重なり、

恐怖や不安が襲ってきます。

 

自分がどうすれば良いのか分からずに、迷い、抜け出せない状態が、

クオーラーライフ・クライシスの症状と言えます。

 

ではどのように克服していけば良いのでしょうか?

 

・他人の人生と比べてはいけない

同じ歳や、自分より若い人が、自分より成功している事を気にするほど、

気分を落ち込ませます。

 

芸能人、プロスポーツ選手が輝いて見えたりすると思います。

Twitter、インスタグラムなどを見て、

企業して成功している人、結婚して幸せな家庭を築いている人

リア中な人に嫉妬が生まれます。

 

しかし、他人は他人なのです。

他人が持っているものではなく、自分が持っているものを

確認してみましょう。

自分にしか持っていない、経験、人脈など、

魅力が違う事を実感しましょう。

 

・後悔しない選択をしましょう

後悔が積み重なると、自己肯定感が低くなります。

なぜ、あの時行動しなかったのか?しなかったのか?と

焦りを感じてしまうのです。

 

人間は、自分が行動しなかったことに後悔してしまいます。

なので、まずは、後悔しないように行動にうつす選択をしましょう。

たとえ後悔したとしても、行動にうつさなかった時点で後悔するので、

結果は変わりません。

 

・不安を口に出すのはやめましょう

人生に焦りを感じる人の特徴として、

不安を口に出しすぎてしまうことがあります。

 

言葉と思考は繋がっています。

あまりにも不安ばかり口に出しすぎると、

ネガティブな思考でいっぱいになり、

ポジティブな発想がしにくい脳になってしまいます。

 

不安、焦りを口に出しすぎないよう、バランスを意識していきましょう。

 

・まとめ

人生に焦りを感じる、クォーターライフ・クライシスは、

誰にでもある症状です。

自分だけではと不安に思うことはありません。

20代後半だからこそ、悩み、苦しむのです。

 

自分自身を、見つめ直す時期とし、乗り越えていきましょう。



仕事したくない。20代前半だからこそのモチベーションを上げるコツ

f:id:zhutianzhengming:20200126190433j:plain

働きたくない、仕事したくない主な理由は、仕事に対する嫌悪感からです。

嫌悪感は人それぞれありますが、20代前半にこそ多い理由があります。

 

学生から社会人となり、環境が大きく変わります。

・朝早く起きる事

・社会人としての責任が出る事

・プレッシャーがある事

・人間関係の事

・労働時間

など。他にもたくさんあります。

これらの悩みは、20代前半こそ強く出ます。

 

なぜなら、今まで経験のなかった事だからです。

経験がなければ対処法も知らない、

どんどんモチベーションは下がり、

仕事したくないに、繋がるのです。

どうしたら、下がったモチベーションを上げる事が

できるのだろう?

 

そこで、この時期だからこその、

モチベーションを上げる方法を書いていきたいと思います。

 

目次

・映画、ドキュメンタリー動画を見て心を整える

・音楽を聴いて、耳からモチベーションを上げていく

・未来を思い描いてみましょう

・いっそ、仕事を辞めてみる

・まとめ

 

・映画、動画を見て心を整える

映画、ドキュメンタリー映画や、動画は心を整えるのに適しています。

サクセスストーリーが成功への道導となります。

努力の過程や、困難に立ち向かう姿が、やる気、

勇気を与えてくれます。

 

映画、動画は頭を使い過ぎる事なく視覚に入ってくるので、

心に入り、残りやすいのです。

 

その為、下がっていたモチベーションを、視覚的に上げる事ができるのです。

 

・音楽を聴いて、耳からモチベーションを上げていく

好きな音楽を聴く事で、モチベーションを上げましょう。

 

音楽には聴くだけで、気持ちを上げる効果があります。

 

また、以前その音楽を聴いていた時の思い出もあり、

イメージからモチベーションを上げる事ができます。

 

・未来を思い描いてみましょう

自分が、将来やりたいことを、思い浮かべましょう。

・美味しいものを食べる

・かっこいい車に乗る

・海外旅行に行きたい

・彼女、彼氏と結婚したい

など、思い描くものがあると思います。

 

ただ、どれも、やる為には『お金』が必要です。

将来の為には、仕事をするしかありません。

 

やりたい事を、モチベーションを上げるのに

繋げれば良いのです。

 

・いっそ、仕事を辞めてみる

まだ年齢的にも、チャンスが多い時にこそ思い切って

退職してみるのもありです。

 

退職する事で、自分を見つめなおす時間を作ることも

できます。

また、休む時間を作る事で、モチベーションを上げる事ができます。

 

・まとめ

20代前半だからこそ感じる悩みなどもあると思います。

環境が変わったり、考え方が変わったり。

 

そんな時こそ、モチベーションを上げて乗り越えましょう。

 

それでも無理なら、いっそ辞めてみましょう。

振り返る時間を作ることも大切です。

 

20代前半だからこその方法で、モチベーションを上げましょう。

 

転職のやる気が出ない。気持ちを切り替える方法はあるのか?

f:id:zhutianzhengming:20200125113106j:plain
 

会社を辞めたら、一気に自分の時間ができます。

今まで出来なかった、昼夜逆転の生活で遊び呆ける事でしょう。

これは、今まで抑えられていた分の反動でしょうがない事です。

 

『転職活動をしないと』、という気持ちは持っていると思います。

しかし、この生活が1ヶ月、2ケ月と続くと、『なんかやる気出ないな。。。』

となり、転職活動をはじめられなくなるのです。

 

以前、私も無職が快適すぎて『働きたい』と口では言いながら、

本心では、働く気が出なくなっていました。

 

しかし、生きていく為には、働かなければいけませんし

ずっとこれを続ける事はできません。

いつかは、やる気を出さなければいけません。

 

今回は、『このままではダメだ』とやる気を出す為の

対処法について書いていきたいと思います。

 

目次

・気持ちを切り替える方法はある?

・転職を決意したら、まず、やるべき事は何?

・まとめ

 

・気持ちを切り替える方法はある?

気持ちを切り替える方法はあります。

気持ちを切り替えるには、まず未来を想像しましょう。

転職活動をする事で、未来に得られる得を思い浮かべましょう

 

無職では得られない、収入(お金)を想像してみましょう。

収入(お金)で、美味しいものを食べたり、欲しいものを買って、

お洒落をして、行きたいとこに行けます。

きっと楽しくなると思います。

 

また、早めに転職をする事は、企業での勤続年数にも関わります。

転職先での昇格可能性も高まります。

それだけ、収入(お金)を増やせるかもしれません。

 

・転職を決意したら、まず、やるべき事は何?

転職をする気になったら、まず、やるべき事は転職サイト

登録しましょう。

 

転職サイトは複数登録する必要はありません。

なぜなら、登録するのもめんどくさいからです。

最終的に見るのも、自分の使いやすい一つに絞られていきますし、

求人も同じ内容が出ていたりもするので問題ありません。

 

ここに有名な一つを掲載しておきます。

20代・第二新卒・既卒の転職なら

 

次に、ハローワークもオススメです。

地元求人も多いですし、自分のペースで進められます。

45歳以下であれば、『わかものハローワーク』というのもあります。

より、密に相談もできますし、良い求人と悪い求人を

教えてもらうこともできます。

自分に合ったものを選ぶ事が大事です。 

 

・まとめ

転職のやる気が出ない時は、時期を決めて休むことも大事です。

ただ、切り替えも大事なので、来る時がきたら、

気持ちを切り替えて行動していきましょう。

 

 

失敗したくない転職、転機を成功へ導きましょう。

転職は人生にとって大きな転機だと思います。

そんな転職で、失敗はしたくないですよね。

実際、転職を失敗しない方法はあります

それは、転職をしたい理由を整理する事です。

そこで、転職で失敗しない方法について書いていきます。

 

目次

・転職の失敗とは

・転職理由を整理します

・転職先を間違ってしまう理由

・転職が失敗したと感じる理由

・転職を成功させる為には

・まとめ

 

・転職の失敗とは

転職の失敗は『こんなはずじゃなかった』と思った時です。

転職に何を求めていたかで大きな差はできると思います。

 

ちなみに、転職には一定のストレスとそれを乗り越えるパワーが要求される

では、それを乗り越えられる人と乗り越えられない人の差はどこにあるのか。

最も重要な素養は、仕事に対する能動的な姿勢だと考えられる。

指示があるまで自分からは動かないといった癖の抜けない人は、 どれだけ職歴が適合しても、

新天地で伸び悩むケースが多いです。

多少畑違いではあっても、 常に主体的に課題を見つけて業務に取り組む習慣のある人材は、

中期的にはとてもフィットし、 戦力になっているものです。

 

・転職理由を整理します

この会社にいて自分が将来やりたい事が、できるだろうか?

と考えた事からだと思います。

そんな時は、今の会社でできる事はやりきったか考えましょう。

やりきっているならば、転職をしても失敗したとはならないと思います。

 

一時の感情で、動いていないかを考えましょう。

『今が嫌だから、やりたい事があるから』などの

漠然とした理由ではないですか?

『やりたい事を仕事にする』のは、辛くても続けられる覚悟が必要です。

そこまでの覚悟があるかを、しっかり考えましょう。

 

・転職先を間違ってしまう理由

転職先を間違ってしまうのは、転職への焦りや現在の仕事への不満などの、

感情が交じって、冷静な状況判断ができなかった時に起こります。

気持ちが焦っている状況では、妥協が出てしまうのです。

転職先を決める時は、前職に在籍中に行う事で、

焦りや、妥協を避ける事ができます。

 

・転職が失敗したと感じる理由

『転職に失敗した』のではなく、そこまでの価値を身につける事が

できなかったのかもしれません。

または、環境が大きく変わると期待しすぎていたのかもしれません。

このように、転職の失敗は、イメージとの差異から生まれると言えます。

 

・転職を成功させる為には

まずは自分の中で、転職理由を固めましょう。

転職の成功は、そこからはじまります。

 

そして、環境を整えましょう。

落ち着いて転職活動を行えるようにしましょう。

焦って行う事で妥協をうみます。

 

失敗しても良いと思う気持ちが大事です。

その気持ちが、自分をプレッシャーから解放してくれます。

追い込まれた状況では焦りしか生まれません。

 

理由を固めて、環境を整える事が最重要です。

 

・まとめ

転職は人生を決める大切なものです。

絶対失敗したくないと思うでしょう。

そんな時は、理由を整理し、成功への道を考えましょう。

焦らず、妥協しないようにしましょう。

ミドル世代の転職。最高の秘訣は『賢い選択』を。

『30代、40代』は生活環境が大きく変わってきます。

結婚や子供の成長、仕事上での責任の重さなど

プライベート、仕事において変化があります。

特に、仕事の面では労働環境、待遇面で

不安や不満が出てくると思います。

家族との時間も大事、給料面も重要と

考える事が多くなると思います。

 

そこで、転職を一度は考えると思います。

そんな中、『せっかくなら経験を活かしたい』

『スキルを活かせたら』と思うと思います。

『30代、40代』の転職はスキルアップ

望んだものと思います。

 

しかし、『30代、40代』の転職は厳しいというイメージを

持つと思います。

そこで、役に立つツールを紹介していきたいと思います。

 

目次

ハローワーク公共職業安定所

・求人サイト

・まとめ

 

ハローワーク公共職業安定所

まず、ハローワークです。

ハローワークは国が設置する行政機関です。

地域ごとに管轄が決まっており、無料で利用できます。

相談に乗ってもらったり、求人紹介をしてもらえます。

地元の優良企業を紹介してもらう事もできるので、

利用してみる価値はあると思います。

 

また、45歳以下の人には、『わかものハローワーク

というものもあり、状況にあった求人を紹介、相談を

してもらう事ができます。

 

・求人サイト

求人を紹介する企業から、Webを利用して求人紹介を

受けるサービスです。

無料で利用できるサイトが多く、聞いた事あるような

有名企業の求人があります。

 

また、ミドル転職に特化しているものもあり、

スキルアップの観点でおすすめです。

 

一部を紹介しますと、『enミドルの転職』という、

『30代、40代』専用の転職サイトなどもあります。

転職|30代、40代のハイクラス転職サイト【ミドルの転職】エンジャパン

 

自分に、あったサイトを選べるのも魅力だと言えます。

 

・まとめ

『30代、40代』の転職は厳しい、難しいと言われていますが、

自分に合った方法で探す事で、有利に進める事ができます。

『賢い選択』をして、自分の転職を良いものにしましょう。

やったらやった分、評価を貰いましょう。インセンティブで稼ぎましょう。

近年、日本的雇用慣行は崩れてしまっています。

それなのに、『年功賃金』、『終身雇用』が当たり前と、

考えている人も多くいます。

勤続年数が長くなれば、賃金が上がっていき、役職も上がっていく。

これでは、現在のデジタル化や、海外との競争では、

生き残っていけないと考えられようになりました。

 

そこで、今後は職務や成果を重視した賃上が主流になります。

現在、すでになりつつはありますが、全てとは言えません。

 

そこを見越した就活、転職活動が成功の秘訣となります。

 

目次

・日本型雇用から成果主義

インセンティブ(成果給)とは

・人手不足が影響

・まとめ

 

・日本型雇用から成果主義

日本型雇用システムとは、戦後の高度成長期を支えた雇用形態で

『新卒一括採用』、『終身雇用』、『年功型賃金』、などの特徴を

持った働き方です。

 

しかし、この働き方は崩壊しています。

大量の若手社員を低賃金で雇い、年齢が上がるほど、

賃金が上がるというのは、

右肩上がりの経済成長が望めず、新卒採用が控えられたら

成り立ちません。

 

現在では、経済のグローバル化によって、

成果主義が導入されてきています。

成果主義とは業務の成果によって評価し、報酬や人事が決定する事です。

 

インセンティブ(成果給)とは

目標を達成した場合の報奨金(ボーナス)の事です。

また、インセンティブ報酬は、毎月の給料とは別に、

報奨金(ボーナス)としてもらう事ができます。

 

インセンティブがある事で、目標達成の為のやる気が上げる事ができます。

 

・人手不足が影響

現在の人手不足が、裏には影響しています。

企業は、優秀な人材を確保したい。

その為には、成果を出した従業員には、インセンティブという形で

還元する事が当たり前となってくるでしょう。

 

・まとめ

時代は変わってきています。

流れに乗り遅れる事なく、成果を取りにいきましょう。

評価が平等にされるステージが整っています。