勉強中の、集中力とモチベーションを上げる環境の作り方、継続力をつけるやり方。

勉強をする時、『落ち着かない』『だらけてしまう』『部屋の片付けを始める』という

経験はありませんか?それは勉強に集中できる環境が整っていないからです。

集中するには、意識の他に環境を作る必要があります。

 

目次

・勉強場所を固定しない

・勉強に関係ないものは遠くに置く

・適度な間隔での休憩が必要

・まとめ

 

 

 

勉強場所を固定しない

気分や集中力に応じて決めましょう。

場所を変えることで、脳の情報処理システムが変わり、

問題解決力が高まります。

また、環境面がメンタル面に及ぼす影響も多い。

場所が変えることで、気持ちも変わります。

図書館や、カフェがオススメです。

 

 

勉強に関係ないものは遠くに置く

マンガやゲームさらにスマホ等があると、気が逸れるてしまいます。

また、少しの休憩のつもりが、2〜3時間経ってしまっているなんて事が

起きてしまいます。

それをすぐに使えないように、他の部屋に置いたり、すぐ使えないようにしましょう。

 

 

適度な間隔での休憩が必要

集中力の持続時間には限界があります。

適度な感覚での休憩を挟みながら勉強する事で集中力が

回復します。

1時間に1回は休憩を挟む事がオススメです。

 

まとめ

勉強する際には、勉強環境を整え、気が散るものは周りに置かないようにしましょう。

また適度な休憩をとりつつ、勉強に取り組んていきましょう。