大人には大人に合ったやり方で。知的好奇心から勉強のやる気を。

学生の頃は勉強が仕事なところもあり覚えられていたと思います。

仕事に追われ、社会人になってからの勉強はスムーズに進みません。

しかし、大人でもコツを掴めば効率よく勉強できます。

 

脳は何歳になっても成長します。

覚えられいのを年齢のせいにしていませんか。

ただ、大人の脳は子供と比べて、成長が遅く、興味の対象が限定的になリマス。

ちなみに、生涯勉強を続ければ、脳の老化は抑えられるそうです。

 

目時

・大人の勉強には知的好奇心が重要

 ・予習をする

 ・図で覚える

 

・インプットした事を、アウトプットする

・まとめ

 

 

大人の勉強には知的好奇心が重要

皆さんも経験ありませんか?『好きな事や好奇心がある事は覚えられる』なんてこと

好きだと思える気持ちと好奇心をを刺激する。その性質を使って勉強する事が重要です。

その為のコツとして2つあります。

 

1.予習をする

脳は知っている事を好ましく感じる性質があります。

予習をする事で、『知っている事』が増えて、好奇心が高まります。

また、情報をはじめから入れておく事で、全体像を捉える事ができ、記憶力が高まります。

 

2.図で覚える

視覚で覚える事で、記憶しやすくなります。

ただ、暗記するよりも、思い出しやすくなります。

そのおかげで、『覚えれた』、『できるようになった』という感覚か好奇心を持つ事ができます。

 

インプットした事を、アウトプットする

ただ、知識をつけるのではなく、つけた知識を外に発信していきましょう。

勉強は目的を持って勉強したほうが、内容を覚え易いです。

アウトプットする事で、目標ができたり、共通の仲間ができたりします。

『勉強は孤独にやるもの』と思っていませんか?せっかくやるなら仲間を作りましょう。

 

まとめ

大人の勉強には知的好奇心が重要です。

興味がある事を増やし、継続させましょう。

諦めず、自分のペースで進めていきましょう。

 

(引用元:StudyHacker最速で確実に結果がついてくる「7回読み」勉強法——東大首席卒・NY州弁護士 山口真由さんインタビュー【第1回】