悩みや不安がある状態で行動しても意味がない。一度、立ち止まって解決しませんか?

悩みや不安がある状態で行動しても、集中できなかったり、

良い結果に結びつかない事が多いと思います。

悩みや不安を解決するときに大事なのは、何がネックなのかまず、考えましょう。

 

悩み、不安や問題が出てきたときに解決していく為に、大事になるのが、

一つ一つ進んでいくという事です。

一気にやるというのは精神的に辛いと思います。

 

また、不安から逃げてはいけません

解決したいと思っているのに、テレビを見たり、スマホをいじってみたり。

それでは、ずっと精神状態は変わりません。

 

なぜならテレビを見たり、スマホをいじる事は解決策ではないからです。

一時的には”その辛い気持ち”から逃げることができます。

ですが一時的に薄めたに過ぎません。

ふとしたときに、思い出しまた不安が襲ってきます。

 

まず、解決策としては不安を起こしているものを小さくする事が有効です。

 

その為には、まず書き出してみましょう。

書き出すと解決策を考えるときの効率が違いま寿司、気持ち的に楽になる事が多いです。

また、何が問題なのかがわかるだけで精神的にラクになる事もあります。

 

 

目次

・どこで問題が起き、不安になるのか?

・あなたが感じる『○○が始められない』理由を考える

・目的を常に意識します

・まとめ

 

 

どこで問題が起き、不安になるのか?

1.まず今の悩み、その流れを細分化します。

2.細分化したら、それぞれのどこがネックになっているのか考えます。

3.そして、ネックに対して解決策を考えます。

補足.また、ネック部分をさらに細分化するとさらに分かりやすくると思います。

 

 

あなたが感じる『○○が始められない』理由を考える

必ず始められないには、理由、原因があります。

 

まずは、考えられる解決策を一つ一つ書き出しましょう。

どんな細かいものでも良いです。無駄だと思うものもまずは書いてみて下さい。

無駄なら消せば良いだけなので。

 

そして、実際に試してみて効果があるのか、

当初の問題が解決できているのか確認しましょう。

 

解決できていれば、そこに細心の注意を払えば良いのです。

できていなければ、同じプロセスを踏んで実行に移せば良いのです。

 

 

目的を常に意識します

常に『何の為にこの解決策を選んでいるのか』を意識する必要があります。

何の為、次第では、結果までの道筋を変えても良いわけです。

無理して、同じ道では無く、敷居を下げても良いのです。

 

 

まとめ

悩みや問題を解決するときに大事なのは、何がネックなのか考えましょう。

それに対して、一つ一つ解決策を見つけていきましょう。

解決できなくても、また解決策を考えれば良いのです。

自分の目的に対して合う解決策を見つけましょう。