大事なのはモチベーションの維持。下がったらそこで試合終了です。

 営業はモチベーションが大きく影響する仕事です。

 対人で行う事が多い為、自分のモチベーションが相手にも影響してしまいます。

 空元気で頑張ってみても、モチベーションが下がっている時には、

 意味を持ちません。

 そこで営業のモチベーション対策について考えていきます

 

 

目次

・モチベーションの種類

 ・モチベーションが上がる

 ・モチベーションが下がる

 ・モチベーションを維持する

 

・具体的なモチベーションが上がる事

 ・成果が出る

 ・環境が整っている

 

 

 

モチベーションの種類

モチベーションには

・モチベーションが上がる

・モチベーションが下がる

・モチベーションを維持する

の3つの方法があります

 

モチベーションを上がる

・給料が上がる(成果給など)

・仕事が好き

・職場のコミュニケーションが良好

・プライベートで良い事があった

 

モチベーションを下がる

・給料に納得できていない(下がる要素も有り)

・仕事が嫌い

・職場の環境が悪い(残業、人の要素)

・プライベートで悪い事があった

 

モチベーション維持する

・仕事への向上心がある

・常に目標を持つ事ができている

・仕事への興味がある

・プライベートの問題もなく集中できる環境

 

 大切なのは、モチベーションを上がる作業と、維持する作業です。

 

・具体的なモチベーションが上がる事

・成果が出る

 成果が出ており、仕事に対するやる気が上がっています。

 また、成果が出ている事で、給料にも直結しています。

 上司にも褒められ、充実している状態です。

 

・環境が整っている

 仕事に集中できる状態。

 勉強する事ができる状態。

 自分の知識、能力が上げる事が

 できる環境が重要です。

 

・仕事が好きだ

 今の仕事にやりがいを持っている。

 また、社内に尊敬できる人がいて、

 あの人と一緒に働きたい。頑張りたいと

 思える状況である事です。

 

・具体的なモチベーションの維持ができる事

・達成感を味わう

 目標を達成するという事が大事です。

 常にこれをやれば成功するとイメージ化する事が大切です。

 

・目標設定をコンパクトにする

 達成できない大きな目標は意味がありません。

 大きな目標に対して、小さな目標を積み重ねる事が大事です。

 

 

・まとめ

 モチベーションは維持をしながら、重要な場面では、

 モチベーションが上がるようにしましょう。

 決して、下がらないように心がけましょう。