忙しいを言い訳しにして、転職を先延ばしにしても、辛いよ。

転職したいと思っている。

ただ、『今の仕事が辛い』、『一生となるとこれは無理だな』、

『時期としては今かな』と思っている。

忙しいを言い訳にして、行動していないなんてことはありませんか?

今の仕事もやる気が出ない。何もしないと年齢だけがいってしまう。

 

また、転職活動はやっていたが、選考に落ちている内にやる気がなくなっていく。

 

そう思っているが、なかなか出来ていないのが現状となっている。

転職をする為のモチベーションの維持て難しいですね。

 

目次

・転職活動に疲弊、やる気がなくなる原因

・『受からない』というネガティブ思考の呪縛

・ネガティブ思考の原因

 ・他人と比較する事でやる気をなくす

 ・自分ではどうしようも無いとこでやる気をなくす

 ・誰にも相談できない事でやる気をなくす

・転職活動への集中力を無理やり上げる

・思い立ったら行動しましょう

・まとめ

 

 

 

・転職活動に疲弊、やる気がなくなる原因

 ・現職での仕事の忙しさ

 ・転職活動でのカロリーの消費

 ・選考に落ちている内に、自分が否定された気分になる

 

 転職活動は『時間、体力、気力との勝負』といえます。

 

・『受からない』というネガティブ思考の呪縛

『受からない』が恐怖。

不採用が続くと、モチベーションが下がります。

そうなると、負のスパイラルに陥ってしまいます。

『どうせ受からない』、『認められない』と無意識に陥ります。

 

・ネガティブ思考の原因

 ・他人と比較する事でやる気をなくす

 自分自身がうまくいっていない時ほど、劣等感を抱くような情報に

 鋭く反応しがちになります。

 『自分よりも優れている誰かを見つける』、『自信をなくす』という

 ネガティブな流れになります。

 

 ・自分ではどうしようも無いとこでやる気をなくす

 『不採用になった』ら自分には力がないと思ったり、

 存在を否定されたと思ってしまう。

 これは、採用する企業の事情で見合わせた可能性

 だってあるのです。

 

 ・誰にも相談できない事でやる気をなくす

 会社、上司、同僚にも内緒で進めていたりすると、

 悩みを相談する事もできない。

 一人で抱え込む事で、悩みを解決できない状態が続きます。

 家族や、友人に相談してみる事で、『そんな悩む事じゃない』

 と思えるようになります。

 

・転職活動への集中力を無理やり上げる

 転職する前に退職してみる。

 退職し、環境を変える事で、集中できます。

 また、無職となる事で、生活ができなくなるので、

 転職活動に力を入れざるを得なくなります

 自分を追い込むのも一つの手段です。

 

・思い立ったら行動しましょう

 もう、思い立ったら行動しましょう。

 先延ばしにしたところで、結果は悪化の一方です。

 『自分が何をしたいのか』を心に聞いていみて、

 自分に素直に行動してみましょう。

 

・まとめ

 転職を考えたら、まず行動してみましょう。

 やる気は無理にでも出して、転職活動に臨みましょう。

 遅いより、早いが大切です。