転職理由は上手く答えて、内定を勝ち取りましょう。一貫性が大事ですよ。

転職理由は人によっていろいろあると思います。

『上司が嫌い』『給料が安い』『仕事の拘束時間が長い』等

あると思います。

 

ただ、転職の面接の際は、正直にそれを話していいの?

なんて事があると思います。

面接官も『応募者が入社後、すぐに辞めないか』と、気になってい聞いてきます。

転職理由=退職理由となるので重要です。

 

 

目次

1. 面接官が転職理由(退職理由)を聞く理由

2. 転職理由(退職理由)を上手く答えましょう

  2−1嘘をつく必要はありません。

  2−2何でも言えば良いわけではありません

  2−3前向きな姿勢と熱意を伝える

  2−4転職理由(退職理由)を志望動機に結びつけましょう

3.まとめ

 

 

1. 面接官が転職理由(退職理由)を聞く理由

面接官が知りたいのは、『応募者が自社で活躍できるのか』

『応募者がすぐに辞めないか』が最重要と言えます。

それを見極める為に、転職理由(退職理由)が聞かれます。

 

また、転職理由となった不満や不安を、

自身で改善・解決するために行動を起こしたか?

アクションに移せることが、ビジネスパーソンとして非常に重要な能力です。

ただ、不平不満を言うだけなら、自社でもそうなる可能性があるからです。

 

2. 転職理由(退職理由)を上手く答えましょう

 2−1嘘をつく必要はありません。

    転職を志した時点で、何らかの不平不満があった事は、

    理解しています。

    伝え方に気をつけて、理由は伝えましょう。

 

 2−2何でも言えば良いわけではありません

    応募企業でも想定される事、否定的な部分は『言わない』ようにしましょう。

    マイナス評価につながる可能性は避けましょう。

    

    また、『人間関係』に関する事は、どんな企業でも起こりうる事なので、

    あまり持ち出すのは避ける事をオススメします。

 2−3前向きな姿勢と熱意を伝える

    とにかく、自信を持って明るく答えましょう。

    もし、転職理由に対して厳しい追及をされたとしても、

    指摘された事について素直に受け止め、

    成長させる意欲がある事を伝えましょう。

 2−4転職理由(退職理由)を志望動機に結びつけましょう

    退職理由を志望動機につなげて説明する事で、

    一貫性を持たせましょう。

    『目的意識を持ち、入社後もパフォーマンスが期待できる人材』

    というイメージを植え付けましょう。

 

 

3.まとめ 

とにかく否定的な話をするのはNGです。

転職理由は、志望動機と一貫性を持たせる事で上手く説明できます。

とにかく自信を持って、前向きにやって下さい。

 

 

www.maablog.work

www.maablog.work