せっかく、するなら良い転職を。転職をする前にまず考えましょう。

 『この会社で、定年までやる自信がない。』

『嫌だなぁ。転職したいな。』

『給料も上がらない、残業多いからそろそろ転職かな。』

など、今の仕事が辛くて、いつかは転職をしようなんて考えていませんか?

今回は、転職活動をはじめる前に、考えるべき事について書いていきます。

 

目次

・転職を考える理由は、『年収』

・仕事内容や評価、会社の将来性に希望がない

・今の仕事にやりがいがない

・相談相手がいない

 

 

・転職を考える理由は、『年収』

まず、転職を考える理由として最も多いのは、

『年収』に関する悩みです。

約5割の人が『給料が安い』を理由に転職を考えています。

 

年収アップを望むなら、まずは現在どれだけの年収をもらっているかを、正しく把握しましょう。

 

そして、福利厚生や手当が厚く、現状よりも満足できる生活が送る事を重視しましょう。

今より年収が高い企業を探す時は、

単に年収だけ見るのではなく給与規定や評価水準、手当についても確認しましょう。

 

・仕事内容や評価、会社の将来性に希望がない

就業時間、評価、会社に将来性を感じられない、

という悩みがあります。

この悩みは、主に30代以上の人が悩みを感じ易い傾向にあります。

 

評価や仕事内容に悩みを抱えているなら、

自分が理想とする待遇を箇条書きで書いてみましょう。

自分の中の優先順位が見えてきます。

転職するならどんな企業か見えてくると思います。

 

・今の仕事にやりがいがない

そもそも、今の仕事が自分に合っていないという悩み。

やりがいを感じられず、仕事にも興味を持てなかったりすると思います。

今の仕事が自分に合っていないと感じているなら、今の仕事で感じた楽しいこと、

達成感を感じたことなどを挙げてみましょう。

自分には、どんな仕事が合っているのか探す手掛かりになると思います。

 

・相談相手がいない

転職についての相談相手がいない。

転職活動は孤独感があります。

しかし、家族には相談しずらかったりもすると思います。

適切なアドバイスを貰えなかったりすると思います。

友人、先輩に相談してアドバイスを貰うのも良いでしょう。

それでも、話しにくい場合は、

転職エージェント、ハローワークなどに相談すると良いでしょう。

 

・まとめ

仕事を辞めるのは勇気がいり、迷う事もあると思います。

前もって、準備、考えを持つ事で、その気持ちを少しでも

緩和できたらと思います。