転職は流れの前に、自分の真意を見直そう。

転職はする時に、結構迷う事が多いと思います。

『実際に働きながらだと、時間がない。』なんて人多いと思います。

転職経験がなく、新卒以来だと、流れが全くわからない人も多いと思います。

そこで、今回は流れについて説明していきます。

 

目次

・転職の流れの前に、まず、転職理由を今一度考えましょう

・転職は最適なタイミングで

・転職は在職中?辞めてから?議論

 ・まず仕事を辞めてしまうパターン

 ・仕事を続けながらのパターン

・まとめ

 

転職の流れの前に、まず、転職理由を今一度考えましょう

転職の流れの前に、なぜ転職したいのかを考えましょう。

『どんな手順で進めれば良い?』を考えがちだが、

今一度ここで考える事が大切です。

 

というのも、衝動的に転職活動をはじめてしまうと、

面接で必ず聞かれますし、転職が上手くいっても、

仕事にやり甲斐を感じず結果的に失敗だったという人も多くいます。

 

そのため、

・一時的な感情で判断していませんか?

・今の仕事への不満の解消法は本当にないですか?

・今の仕事でやりたい事は、本当にできないですか?

・転職して実現したい事はなんですか?

のような事を自分に問いかけて見てください。

 

一時的な仕事への不満や感情的になった状態での判断は危険です。

仕事や職場への不満は、転職しても、同様の問題に直面する可能性

もあるので注意して下さい。

 

転職は最適なタイミングで

転職活動の期間は人によって様々ですが、3ヶ月前後が多いように思います。

在職中の方にとって、退職タイミング、選考タイミングを考慮する必要があります。

繁忙期をずらし、現職の引継が上手くできるようにする事がポイントです。

一刻もはやく、転職したいと考える人も多いと思いますが、

そこは少しの我慢が必要かもしれません。

 

転職は在職中?辞めてから?議論

転職活動には、2パターンあります。

・まず仕事を辞めてしまうパターン

・仕事を続けながらのパターン

があります。

それぞれのメリット、デメリットをお伝えしていきます。

 

・まず仕事を辞めてしまうパターン

メリット

1.転職活動を最優先できる。

2.心身のリフレッシュが出来た状態で活動できる。

 

デメリット

1.収入がなくなる。

2.焦りから、自分のやりたい仕事ではないのに妥協してしまう。

 

まず、辞めても生活が3ヶ月はできるだけの

貯金を作っておく事で、解消できるかと思います。

転職活動に本腰入れる為に、この方法は良いと思います。

 

・仕事を続けながらのパターン

メリット

1.転職による無収入の状態ができない。

2.ずっと転職活動ができる。

 

デメリット

1.仕事の都合で転職活動の時間がとれない。

2.現職へのやる気がなくなる。

 

今の仕事を言い訳にして、転職活動を真剣に進められない

可能性もあります。

ただ、無収入ではないので、気持ちの焦りは少ないです。

 

まとめ

転職する際は、自分が本当に転職したいのか?

今一度理由をしっかり考えましょう。

感情的にならず冷静に考えましょう。

転職は退職のタイミングを考えながら進めましょう。