転職するべきではない人はいますよ。一回冷静に考えましょう。

今勤めている会社を辞めて転職しても良いのか?

誰もが一度は考える悩みですね。

しかし、悩む理由は様々で、理由次第ではするべき人と、するべきじゃない人

に別れます。

もし、転職するべきじゃない人が転職してしまうと、

後悔する事が多々あります。

 

目次

・転職の目的が決まっているか?

・転職理由が『給料が安い』を例に見ていきます

・その不満は今の会社で改善できる?

・安易に他人や世間の影響で転職を考え始めた

・まとめ

 

・転職の目的が決まっているか?

転職をする上で最も大切なのは、なぜ転職したいのか具体的に分析しましょう。

「なんとなく嫌だから転職したい」

「自分に合っていない気がする」などの考えでは、

転職先でも同じような理由で転職を考えてしまいます。

 

次のような理由で転職を考えている人は、転職理由をもう一度考え直す事をお勧めします。

・給料が安い

・上司や部下、同僚と仲良くできない

・もっとやりがいがある仕事がしたい

・仕事でミスして怒られるのが嫌だ

・今の職場がブラック企業

 

意外だなと感じるものがあると思います。

転職したいと理由について『なぜそう感じるのか』考える事が大切です。

 

・転職理由が『給料が安い』を例に見ていきます

給料が安いと思う理由、求める条件

サービス残業が多い → 残業代の支給がある会社

・どれだけ成果を出しても昇級しない → インセンティブなどがある会社

・ボーナスが出ない → 賞与がある会社

・他と比べて基本給が安い → 基本給が高い会社

上記において『給料が安い』と考え方が、人それぞれあると思います。

給料が安いと感じた人、全てが『基本給が高い』会社に転職したいわけではないのです。

 

・その不満は今の会社で改善できる?

問題点が解消される見込みがある場合、無理に転職する必要はありません。

転職にはリスクがつきものです。

入社してみたらブラック企業だった、なんて事もあります。

リスクを避ける為にも、今の職場できるか考えてみましょう。

 

・安易に他人や世間の影響で転職を考え始めた

近年は、入社3年以内に仕事を辞める人や、転職する人が多いと聞くので、

自分も転職しようと思ってしまう。

周りが転職して生活が良くなったなどの話を聞いて、

自分の中に明確な「転職で叶えたい目的」がないままの

転職はお勧めできません。

 

・まとめ

転職をするべきではない人は、なぜ転職をしたいのかを、

具体的に分析ができていない人です。

目的もなく、周りに流されるなどはお勧めできません。

そんな時は、現在の職場で改善できないか?考えましょう。

無理に転職する必要はありません。