転職失敗かも。その判断、早とちりかも。

転職は、人生の転機とも言える事の1つと言えるでしょう。

転職活動を全量で取り組みやっと内定をもらった。

そして、入社してみたら、『転職に失敗した』

と感じ辞めたくなった。

そのような事は、案外多い様です。

実はそれは早とちりかもしれません。

 

目次

・慣れるまでのストレスや緊張感が半端ない

・職場の人間関係ができていないから悪い方に考えてしまう

・環境が変わる事が怠くなっている

・覚える事が多くて嫌になっている

・まとめ

 

・慣れるまでのストレスや緊張感が半端ない

転職に限らず、入社した企業で入社後すぐに辞めたくなる理由として、

よく挙げられるのが慣れてないからこそのストレスや緊張感です。

 

緊張感から、気が張っていると、精神的に消耗します。

日常にストレスはあるものですが、環境の変化によるストレスは

人によっては大きなものとなります。

 

人間は『慣れる』生き物です。

今までも、ある程度続けたら『慣れた』

経験をした方は多いのではないでしょうか?

 

慣れてしまえば慣れる前と比べると、雲泥の差です。

「慣れ」とは人間の生活にそれほどまでに大きな良い影響を与え、

慣れがないと大きな負担を与えます。

 

・職場の人間関係ができていないから悪い方に考えてしまう

入社したばかりの時は、職場の人のこともよく知りません。


新人教育の担当がとっつきにくい印象だったり、

昼食時にその輪の中に入りづらいななどです。


直接「人間関係の嫌なこと」があったわけではないけど、

このような要素が気まずい、孤独といった感情に繋がりやすかったりします。

 

一見すると些細な感情ですが、毎日少しずつ積もっていきます。

このような状態になると、特に何か嫌なことをされてなくても、

『嫌われている』と感じるようになることがあります。

一旦その見方をストップして、積極的に話しかけてみると、

意外に仲良くなれることがあります。

他人の印象というのは、自分の中で作り上げてしまうことが良くあります。
周りとの関係で、転職してすぐに辞めたい気持ちに繋がっている場合は、

一度行動を起こしてみましょう。

 

・環境が変わる事が怠くなっている

慣れ親しんできた環境が変わるのは、大変な事です。

『新しい環境』は学生時代などにも、経験していると思います。

最初は大変な事もあったが、徐々に慣れてきたりしたと思います。

 

転職も同じで、『新しい環境』です。

これまで何だかんだ乗り越えてきたように、

環境が変わったことからくる会社を辞めたい気持ちも継続することで、

消えていくことが多いです。

 

・覚える事が多くて嫌になっている

シンプルに疲れたから辞めたくなている状態。

入社したばかりは、たくさん覚える事があります。

新しい事を覚える事は、普段よりストレスがかかります。

疲れが消極的な気持ちを生み出し、会社を辞めたい気持ち作り出す事があります。

 

・まとめ

転職が失敗かもしれないと、判断するのは早とちらず、

しっかり判断してからでも遅くないです。

案外、最初の一歩でつまずいて、いるだけかもしれませ。

まずは慣れてから判断しましょう。