どうせ、転職するなら未経験で新たなスタートを。

『どうしても、今の仕事が合わない。』

『仕事に行きたくない。』

こんな気持ちなら、転職しようと、漠然と考えている人も多いと思います。

 

しかし、やりたい事が明確ではなかったり、現職と同じ業種は

嫌だと思ったりしていませんか?

そもそもどの職種や業界を選んだら良いのかわからない。

そんな人も多くいると思います。

 

そこで、今回は、未経験でも転職ができるのかという事について

書いていきたいと思います。

 

目次

・そもそも未経業種に転職できるのか?

・企業が未経験者を募集している理由

・まとめ

 

・そもそも未経業種に転職できるのか?

転職は、自分が培ってきた、経験を元に、新しい能力、

年収アップなどを目指して行う事と考えられている方も多いと思います。

 

実際はそうではありません。

未経験でも、転職を成功させている人も多くいます。

 

実際に『経験不問』で募集している企業も多くあります。

 

・企業が未経験者を募集している理由

なぜ、企業が『未経験不問』で募集しているのでしょう。

そこには下記の様な理由があります。

・人手不足

・多種多様な業界のスキルを持つ人材求めている

・一から教育できる人材を求めている

 

まず現在、最も大きな理由として、人手不足であること。

 

経験者のみを募集したりすると、間口を狭めてしまい、

十分な人材が集まらないからです。

その為、未経験でも可と募集しているのです。

 

次に、企業が多種多様な業界のスキルを持つ人材を求めている事。

 

例えば、企画職や営業職の場合、

必ずしも、その職の経験がなくても、

他業種で培ったスキルによって、

会社に新しい風を吹き込んでくれる事を期待して、

採用を行っている場合があります。

 

そして、一から教育できる人材を求めている場合です。

 

一から教育できる人材の方が自社の、理念や方針に沿った、

社会人として育成しやすく、企業に好まれます。

 

経験者の前職での癖を治すより、研修で自社の人間として、

育成し易いというメリットがあります。

 

もちろん、企業側の本音として、経験者が良いというのはあると思いますが

チャンスは広がっています。

 

・まとめ

未経験だからといって、転職を諦める必要はありません。

チャンスはしっかり用意されています。

今の時代の流れも生かして、未経験にも挑戦していきましょう。