転職活動は内定貰ってからが、大変ですよ

晴れて内定を獲得して、新しい会社へ、

次への希望でいっぱいだど思います。

しかし、その前に忘れてはならないのが、

『退職の話』と『業務引継』の存在です。

人によってはココが意外な障壁となります。

退職まで時間がかかったり、

労力がかかったりしてしまうケースも少なくありません。

内定から退職、入社までのポイントを押さえておき、

この「最後の難関」をスムーズにのりきりましょう。

 

目次

・内定から退職の流れを知っておきましょう

・退職時にやるべき事

・退職、入社の手続きを行いましょう。

・まとめ

 

・内定から退職の流れを知っておきましょう

内定が出てから入社意思の結論を出すまでの期間は、

一週間程度が一般的です。

面接の時点で、あらかじめその企業の志望度や、

他の選考状況も鑑みて内定が出た際の結論を考えておく必要があります。

また在職中の方の中には、退職を申し出てから、

退職までに数カ月が必要な場合もあります。

円満退職のためには、最終面接などの時点で

企業側の入社希望日を確認しておくことも大切です。

 

・退職時にやるべき事

自分が、今までやっていた仕事をしっかり引継しましょう。

自分のやっていた事は、案外、他の人が知らなかったりします。

その為、リストにするなどして、誰もがわかるように、引継しましょう。

 

退職日を決めましょう。

退職日を確定させるのは、案外、大変です。

ただ、これはお互いの為にも決めましょう。

なぁなぁで進んでいくと、モチベーションが下がりますし、

引継などにも影響が出るので、しっかり決めましょう。

 

・退職、入社の手続きを行いましょう。

退職や入社事には、契約や社会保険、備品の返却など

たくさん手続きがあります。

メンドウですが、忘れずに行いましょう。

 

・まとめ

転職するまでの流れをしっかり、考えておきましょう。

新たな会社で、スムーズに仕事を進める為にも、

流れを考えて進めましょう。