退職する時は、こうやって伝えよう。スムーズに辞められる様にしましょう。

円満に退職するためのポイントは、転職理由の伝え方が重要です。

できるだけ、早めに上司に伝え、早めに退職できる様に、

したいところだと思います。

しかし、ここで会社を辞める理由の選び方・伝え方誤ると、

希望日に退職できなかったり、人間関係の悪化などの、

トラブルに発展してしまう事もあります。

そこで、退職を、スムーズにする為のコツがをお伝えしていきます。

 

目次

・基本的に『給与・収入』『労働時間』でOK

・円満退職に向けた、退職理由の伝え方

・退職意思、理由を伝える前の心構え

・退職を伝える時期も大事 

・退職意思は必ず直属の上司に口頭で伝えましょう

・退職理由は結論から伝える

・まとめ

 

・基本的に『給与・収入』『労働時間』でOK

待遇に関する不満は、多くの人の転職のきっかけになっており、

上司にもそのまま正直に伝える事が良いとされます。

待遇改善を目的とした転職なら、会社側も納得しやすいと

考えているのかもしれません。

 

一方で、『人間関係』を挙げて上司と退職交渉をするのは、

良くないと言えます。

これが原因の場合、退職を止められてしまう可能性も、ある為です。

 

・円満退職に向けた、退職理由の伝え方

退職にあたっての心構えや、上司への切り出し方、

タイミングなど、円満退職に向けた具体的な方法です。

円満退職のためには、退職交渉のマナーを守ることが重要。

直属の上司に、退職の意思と理由を伝え、

認められたら、退職の手続きに入ります。

他の人の迷惑にならない様に慎重に進めましょう。

 

・退職意思、理由を伝える前の心構え

辞める側と、会社側の合意のもと進めましょう。

『会社に育ててもらった』という思いを伝え、

『新しい挑戦を応援したい』という様に、

お互いの気持ちが前向きな状態がベストです。

 

・退職を伝える時期も大事

退職意思を伝えてから、退職日の最短期間は、

就業規則に定められています。

ただ、一般的には、退職希望の1〜3ヶ月前がよしと、されています。

繁忙期なども避ける様にしましょう。

また、必ず、引継ぎなどの時間を考慮する事も大切です。

 

・退職意思は必ず直属の上司に口頭で伝えましょう

原則として、退職意思を伝える相手は、あなたの直属の上司です。

同僚や、部下に先に伝えて、上司に伝える前に噂で流れてしまうと、

社内の関係が悪化してしまうので、必ず順序を守りましょう。

 

・退職理由は結論から伝える

上司に退職意思を伝える時は、『退職させていただきます』と結論から言いましょう。

『退職を考えている』などの相談口調だと、

引き留める余地があると捕らえられてしまうので、明言する様にしましょう。

 

・まとめ

退職する時は、後腐れなく、スムーズに辞められる様にしましょう。

円満退職に向け、伝え方を考えて、進めていきましょう。