転職で成功する人、失敗する人。どうせなら成功者になりましょう。

転職には、成功する人、失敗する人がいますよね。

転職活動にスムーズに成功して、

自分の求めていた環境を手にする人がいると思います。

その人との差は何があるでしょうか?

 

目次

・失敗する人は、退職してから転職活動を行う

・失敗する人は、転職理由が不明確

・『必ず叶えたい条件』、『妥協点』を決めている

・応募企業を一社に絞らない

・まとめ

 

・失敗する人は、退職してから転職活動を行う

これは難しいところではありますが、

心の余裕の部分で、仕事を続けながらの方が良いと言えます。

仕事を続けながらだと、追い詰められる事がないからです。

 

会社を先に辞めてしまうと、収入0の状態が待っているからです。

失業給付金が出ると言っても、自己都合の場合3ヶ月間は失業給付金

を受け取れません。

他に国民健康保険、年金の支払いなどもあるので、

転職活動の長期化はどんどん厳しくなります。

 

その点、仕事をしながらの転職活動は気にしなくても良いので、

退職してからより、条件が良くなります。

 

・失敗する人は、転職理由が不明確

退職理由とは、会社に対する不満の中でも、

特に我慢できなかった事です。

退職理由は次の会社を選ぶ際に、重要な判断基準となります。

転職に成功する人は、これがはっきりしています。

 

内容は人それぞれですが、自分が前職の何が不満だったのかを、

曖昧にしたまま転職活動をしない事が重要です。

最低でもこれは譲れない条件があると良いです。

 

・『必ず叶えたい条件』、『妥協点』を決めている

会社を選ぶ上で、『必ず叶えたい条件』を明確に決めています。

転職活動を始めると、あれこれと希望が出てくると思います。

その中でも、『必ず叶えたい条件』を、一度決めたら、

転職活動中は、ブラしません。

 

また、『できれば叶えたい条件』という妥協点も持っています。

『できれば叶えたい条件』は言い換えれば、

いざという時諦めても良い条件です。

 

必ず叶えたい条件と、いざという時に諦めても良い条件を

はっきりさせておく事で、理想的な転職活動ができます。

 

・応募企業を一社に絞らない

応募する企業を一社に絞るべきではありません。

本命の企業があるのはわかりますが、もし、

そこに不合格だった場合の時も考えましょう。

 

条件で絞る場合、案外他にも似た様な条件の企業があったりします。

しっかり、他にも目を向けて、可能性を広げましょう。

 

・まとめ

転職で成功する人、失敗する人の違いを挙げてきました。

案外一つずつを見てみると、難しい事はありません。

まずは、一つずつ取り入れてみましょう。

必ず、転職活動が変わると思います。