ストレスに弱いなら、強い人の真似してみましょう。

最近では、長時間労働などの働き方が問題視されるようになり、

働き方改革』に取り組む企業が増えてはいます。

今も、そんな中ストレスから心を病む人が今も絶えません。

しかし、厳しい労働環境でも、ストレスに打ち勝つ人がいるのも事実です。

『弱い人』、『強い人』の差を書いていきたいと思います。

 

目次

・ストレスに強い人、弱い人の二極化が進む

・ストレスに強い人、弱い人の大きな違い

・思考を変えてみましょう

・他人からの評価を気にしない

・まとめ

 

・ストレスに強い人、弱い人の二極化が進む

最近では、職場でのメンタルヘルスの需要性が、

指摘されるようになりました。

日本の勤務形態の長時間労働が問題視されるようになりました。

 

・ストレスに強い人、弱い人の大きな違い

『出来事』に対する、本人の『受け取り方、捉え方』です。

それによって、ストレス反応に違いがあります。

 

例えば、仕事で成果が出なかったとしても、『これはチャンスだ』、

『次につながる課題が見つかった』など、

前向きに捉える人はストレスに強いと言えます。

ポジティブ思考である事が重要です。

 

逆に『結果が出ない事は恥ずかしい』『自分はダメだ』と

後ろ向きに捉える人は気持ちが沈み、ストレスに弱いと言えます。

物の感じ方、捉え方は性格は育ってきた環境に大きく左右されます。

 

日々の仕事の達成感や、自己成長の感覚を大切にする人ほど、

ストレス耐性が高く、結果も出しやすいと言えます。

 

・思考を変えてみましょう

適切な睡眠時間を確保できないほどの労働は、

健康障害の原因になり、合理的な考え方ができなくなれば本末転倒です。

そうなると、メンタルヘルス不調のリスクが高まります。

5~6時間といった最低限度の睡眠時間を確保し、

睡眠の質を高めることが大切です。

その上で、ストレスに強くなる習慣を持てば良いのです。

 

普段の生活で、気をつけてみると良い事としては、

ネガティブな発言を自身の中で、ポジティブな言葉に置き換えてみましょう。

 

・他人からの評価を気にしない

他人から自分はどう見られているかを気にする人が多い。

しかし、評価する人の性格や機嫌、体調、状況次第で評価は変わり、

その評価は絶対的なものではありません。

 

「結果が悪かったとしても、『自分の努力が足りなかった』と気づくだけでも自己成長につながり、

成功だと考えることもできる。結局、結果に対して『成功か失敗か』は

自分で決めればよくて、ストレスで心を病まないためには、他人からの評価は

気にしない様にしましょう。

 

・まとめ

ストレスに強くなる為には、思考を変え、自分に自信を持つようにしましょう。

他人の評価よりは、自分の思うように行動しましょう。