営業について知ってみて、一つの候補に入れましょう。

営業職に対して、どのようなイメージをもっていますか?

一般的には、『ノルマ厳しそう』、『飛び込み営業が大変そう』、

『コミュニケーション能力必要そう』など、

マイナスイメージが強い人も多いと思います。

そう思っていると、仕事を探す際に、営業職を除いて、

考えがちになってしまうと思います。

 

しかし、営業職にも、いろいろな種類があります。

種類によって、『辛そう』、『キツそう』というイメージが、

当てはまるのは、個人の性格によって感じ方が異なります。

 

現に、『自由に働けそう』『人と話すのが好き』と言った

ポジティブに考える人もいます。

 

目次

・営業職とは

・主な営業の種類

 ・法人営業
 ・個人営業
 ・新規営業
 ・既存営業

・まとめ

 

・営業職とは

一般的に、営業とは、お客に自社のサービスや商品、情報の購入を促して、契約をとる仕事です。

業界や商品によって仕事内容は多岐に渡ります。

「ものを売る」という点で販売職と混同する人もいると思いますが、

販売は店舗などで購入意思のある客に対してサポートするのが主な業務。

一方で営業は、購入意思の低い客に対しても商品の利点などを説明して意欲を沸かせ、

購入を促すのが主な業務です。

 

・主な営業の種類

一口に営業職と言っても多くの種類が存在します。

主な種類は以下の通りです。

 

・法人営業

法人に対して行う営業方法です。

基本的なビジネスマナーや問題解決能力が求められますが、

営業に成功すると、大規模な契約につながることもあります。

 

・個人営業

個人消費者を対象とする営業方法です。

金融や車、住宅など生活に直接関係する商品を取り扱うのが一般的です。

法人に比べて顧客の感情をダイレクトに受ける一方、対人関係を築きやすいという特徴もあります。

商品のメリットを提示すれば契約しやすいといえます。

 

・新規営業

新しい顧客を探して開拓するのが、新規営業です。

『飛び込み』『テレアポ』などの事です。

契約をとることが難しい為、強いメンタルが必要です。

 

・既存営業

既に取引をしている企業や個人に対して、さらなる営業をかけるもの。

ルート営業と言われているものです。

必要なものがないかを確認したりして、次の契約につなげるのが主な業務です。

 

・まとめ

営業に対するイメージが、なかなか厳しそうだと思う人が多いかと思います。

ただ、自分にあった営業を選ぶ事で、自分の可能性を広げることができます。