転職サイトばかり押されてるが、ハローワークの可能性について

転職する覚悟を決め、仕事を探している時、

どのような手段で探しますか。

求人サイトで探す、店舗の募集広告で探す、

ハローワークで探す、知人の紹介など、

方法はたくさんあると思います。

 

その中で、求人サイトで探す、ハローワークで探す、

がメインだと思います。

 

因みに、私が今までどちらも利用し転職をしてきました。

今までの経験も踏まえて話していきたいと思います。

 

目次

・転職サイトとは

・転職サイトのメリット

・転職サイトのデメリット

ハローワークとは

ハローワークのメリット

ハローワークのデメリット

・まとめ

 

 

・転職サイトとは

転職サイトは、民間企業が運営する転職支援サービスで、

転職したい人に求人を紹介し、企業に人材を紹介することで、

利益が生まれる仕組みになっています。

 

つまり、企業が掲載料を払って人を募集する為のものです。

 

費用をかけてでも、優秀な人材を集める為、

転職サイトを使う事で効率よく採用活動を進める事が

できるようになっています。

 

・転職サイトのメリット

私が感じた一番大きなメリットは、

大企業と言われている企業の求人があります。

東証一部企業の求人もあり、魅力的な求人があります。

求人数も豊富で、希望の仕事を探し易いと言えます。

また、パソコン、スマートフォンで求人が探し易いです。

その為、自分のペースで転職活動を行いやすです。

 

・転職サイトのデメリット

自分で全てやらないといけないです。

履歴書や職務経歴書の添削は、結構大変です。

これを一人で調べながら進める必要があります。

 

また、自分にマッチする求人を見つけるのが難しい。

求人が多すぎて、どれが良いのかわからなくなってしまう、

という問題もあります。

 

転職サイトは自分でコツコツと進められる人に向いていると言えます。

 

ハローワークとは

ハローワークはいわゆる、公共職業安定所の事です。

転職サイトとは違って、営利目的ではなく、

求人を出す企業は無料で利用する事ができます。

地域の人の為の就職支援サービスです。

 

ハローワークのメリット

地元企業の求人を多く扱っています。

無料で求人を出せる事もあって、地元企業からの求人が

集まり易いです。

地元で転職したい人などにオススメです

 

求人を出すが無料な為、ハローワークにしか、

求人を出さない企業もあります。

優良な中小企業が求人を出している可能性があります。

 

私が利用した時に良かったのは、年齢が若い人限定のハローワーク

あった事です。

年齢にあった求人を探せて、相談できる担当者の方がいました。

求人のアドバイス、企業への連絡、履歴書、職務経歴書の添削を

してもらう事ができました。

 

一人で、心配な方は利用してみると良いと思います。

無料ですしね。

 

ハローワークのデメリット

ハローワークは各地域にありますが、案外、

立地の悪い場所にあったりします。

行くまでに時間が掛かったり、行きにくい場所だったりします。

 

また、求人票の質が不安だったり、求人企業に関する情報が少なかったりします。

いわゆる、ブラック企業が紛れ込んでいます。

ただ、それは転職サイトにも言える事です

しかし、求人情報が少ないので、気づきにくいのです。

 

その為、自分でしっかり調べる手間があります。

 

・まとめ

転職サイトとハローワークの、メリット、デメリットはそれぞれにあると思います。

しかし、地元企業や未経験で仕事を探す場合は、

ハローワークに強みがあると思います。

使い分けをし、自分の転職を有利に進めましょう。