勉強する環境はこうやって作る。邪魔なものは手の届かないとこへ。

皆さんは、勉強をする時、集中力が続かず、部屋の掃除をはじめてしまったり、

した事はありませんか?

普段から勉強する癖がついている人であれば、そんな事はないと思います。

しかし、テスト前だけにやる人は、この気持ちがわかると思います。

今、勉強をする癖がついてない人も、環境を整える事で、

得意になると思います。

そこで、ここでは勉強をする環境について書いていきます。

 

目次

・音を感じ、耳から集中

・視覚による集中

・邪魔なものは手の届かないところへ

 

 

・音を感じ、耳から集中

まずは、適度な雑音(音楽)で集中できる環境を作ります。

無音だと逆に周りが気になってしまいます。

実際に、適度な雑音が人を集中させるというのは、

科学的にも証明されています。

静かな場所より、少し雑音があるくらいの方が、

人は集中力を発揮します。また、発想力も豊になります。

カフェなどで勉強している人は、適度な雑音を求めて、

集中力を上げていると言えます。

 

また、少しの音楽を耳に入れる事も有効です。

その時に気をつけるべきと事は、

音楽だけのBGMを選ぶ事です。

歌詞があったりすると、聴き込んでしまうので、

『水の流れる音』『自然な音』を選びましょう。

音楽はYouTube等を活用すると良いと思います。

 

・視覚による集中

勉強する時に集中力を高める為に、明るさの差を利用します。

例えば、映画館ですが、周りが暗い中、スクリーンの光が目に入ってきます。

何をしたって、映画に集中してしまう環境なのです。

 

その為、部屋でもスタンドライトを使い、室内ををそれより暗くしましょう。

そうする事で集中力が高まります。

また、周りが見えづらい事で、視覚からの無駄な情報が入ってこなくなるので、

集中力が高まります。

 

・邪魔なものは手の届かないところへ

一番の天敵は、スマートフォンです。

皆さんも、スマホを弄っていたら、

知らないうちに時間が経っていたなんて事あると思います。

 

いくら勉強をする環境を整えたところで、誘惑するものが近くにあっては何も変わりません。

 

そんな時は、邪魔なものは、手の届かないところに置きましょう。

そして、机の上を整理ておきましょう。

今は、勉強をする時間と割り切っていきましょう。

 

・まとめ

勉強をする時は環境を作りましょう。

勉強が好きな人はいないと思います。

だったら、短期集中でやりましょう。

環境を整える事で、勉強の成功体験も積む事ができます。