退職の引き止めは困りますよね。自分の意思を貫きましょう。

退職を決意した後に、まず困るのが、

上司による引き止めだと思います。

転職活動はうまくいき内定がもらえそうだが、

上司は『考え直して欲しい』、『もったいない』、

『期待している』など甘い言葉をかけてくると思います。

私もそれで、迷ってしまった事があります。

 

もう、気持ちは決まっているのに、と思うと思います。

また引き止めによって、退職が遅くなったりと、

転職活動に影響が出たりもします。

 

なぜ会社は、退職を考えている社員を引き止めるのか?

引き止めにあった場合どうすれば良いのか?

スムーズに退職できるようここでは書いていきます。

 

目次

・なぜ、会社は引き止めるのか?

 ・会社へのデメリット

 ・上司が考えるデメリット

・引き止めを避けるには

 ・伝えるタイミング

 ・良い退職理由

・まとめ

 

・なぜ、会社は引き止めるのか?

社員が抜けるのは、会社にとって大きなダメージです。

役職者はもちろん、今後、会社を担っていく若手も会社にとっては

重要な戦力なのです。

 

そこで、引き止めが行われる理由について、知っておく事で、

今後の退職をスムーズに行えるようにしましょう。

 

・会社へのデメリット

社員の退職によってどんなデメリットが発生するのでしょうか?

会社の一員として、一人一人の社員は、何らかの役割を持っています。

組織のマネジメント役、プレイヤーとして、役割を持っています。

 

また、企業として余剰人員を抱えて、

経営しているところは少ないと思います。

退職者の業務を、他の社員に任せれば、負担が増え

さらなる退職者を出してしまう事にも繋がりかねません。

 

また、近年では、人手不足が嘆かれており、

求人を出しても、人が集まらないとう現状があります。

会社が、出ていく社員を減らしたいと思うのは当然と言えます。

 

・上司が考えるデメリット

部下が辞めるという事は、自身の管理能力不足を露呈する

可能性もあるので、引き止めを行います。

また、社員が退職する事で、社内のバランスが崩れ、

自分の仕事量が増えるという事も考えられます。

 

・引き止めを避けるには

引き止めを避けるには、会社にかかる負担を極力小さくする事が

大切です。

また、上司が何も言えないような理由を伝える事も重要です。

 

・伝えるタイミング

民法では2週間前までに伝えるように定められています。

しかし、就業規則などの取り決めに沿って話す事でスムーズに

進みます。

 

『採用が決まるまでは困る』、『引継が終わるまで待ってくれ』と、

言われ引き止められる可能性があります。

こうした事を避ける為にも、早めに伝えた方が得策と言えます。

ただ、気持ちの部分もあると思うので、

話し合いの中で決めるのも良いと思います。

 

・良い退職理由

良いのは、前向きな退職理由です。

自分で企業したい、キヤリアの観点での理由など、応援したくなるような

理由が良いと言えます。

 

逆に、会社への不満や批判、業務量や残業、人間関係は引き止めにあう

可能性が高いです。

これらの理由は、改善の余地がありますし、

業務の観点では上司の責任になるので、引き止められます。

 

・まとめ

退職は会社へのダメージになる事を覚えておいて下さい。

会社はそれを避ける為にも必ず引き止めます。

ただ、自分の気持ちた決まっている場合は、しっかり伝えましょう。

段取りを踏んで、前向きな理由で、スムーズな退職をしましょう。