転職がもたらす、価値観の変化。ブラック企業から転職すると驚きが多い。

転職をするのは、正直、恐怖があると思います。

転職活動は大変だったり、転職後の仕事内容、社内の人間関係に

迷うと思います。

 

ただ、転職を考えたという事は、今の会社に満足できていない

のだと思います。

そこで、転職がもたらす変化について私の経験を交えて書いていきます。

 

目次

・転職を決意した理由

・転職の際の条件

・転職がもたらす価値観の変化

 ・当たり前が、当たり前ではなかった

 ・休日が固定になった

 ・心に余裕ができる

・まとめ

 

・転職を決意した理由

私が、転職を決意した時の状況ですが、

自動車販売系のブラック企業で5年勤めて、体力的、精神的に

疲弊していました。

 

残業も、月に100時間以上あり、ノルマも厳しかったです。

また、休日も少ないというのもありました。

 

そんな中、転職への気持ちが高まっていきました。

 

・転職の際の条件

条件は、今の企業にはない休日、残業の部分を重視しました。

業種はこだわらず、経験を活かせる事を、条件としました。

 

・転職がもたらす価値観の変化

私自身、転職をしてみて大きな価値観の変化がありました。

 

・当たり前が、当たり前ではなかった

残業が当たり前から、時間内での仕事を終わらせる事の

重要度を知りました。

 

顧客の形態が変わったのが大きかったです。

BtoCからBtoBに変わった事で、勤務時間が決まったのが

大きかったです。

BtoCの場合は、顧客の都合に合わせられてしまうので、夜でも訪問

していました。

 

以前は成果が出ていない時は会社から帰りにくい環境だったのが、

時間内で、成果を出すようになりました。

 

・休日が固定になった

休日が固定になった事によって、精神的、体力的疲労

大きく変わりました。

『休日まで、頑張れば何とかなる』と思えるようになりました。

休日がある事で、区切りができた事が大きかったです。

 

・心に余裕ができる

労働環境が整う事で、心に余裕ができました。

 

常に仕事の事を考えていた頃から比べ、

自分の時間を作れるようになる事で、休まる時間ができました。

 

・まとめ

転職によって、自分の価値観が大きく変わります。

特に、ブラック企業から転職した場合、以前やっていた事が

疑問に思えると思います。

自分の為にも、時間を作り、心の余裕ができる環境を作る事は

重要です。