間違った目標設定は、モチベーションを下げます。

誰もが人生の成功の為に、目標を設定した事があると思います。

例えば、仕事の目標を達成したとしても、次から次に押し寄せ、

ノルマの波にのまれ、鬱や、アルコール依存症ギャンブル依存症になり、

実際に、生活のバランスを失ってしまった人も少なくありません。

 

成功者と言われる人も、一時的に目標を達成しても、

その後は、事業の縮小、多額の借金を抱え、生活のバランスを、

失っている人も少なくありません。

 

一時的な目標達成は、これまでの積み重ねを破壊し、

身を滅ぼす事につながります。

 

そこで、ここでは失敗しない、目標設定の仕方について書いていきます。

 

目次

・間違った目標設定

・抽象的な目標を設定する

・高すぎる(低すぎる)目標を設定する

・本当にやりたい事以外の目標を立てる

・まとめ

 

 

・間違った目標設定

目標達成ができない人は、そもそも、

目標設定が間違っている事を疑う必要があります。

 

目標の達成ができない人に最も多いのは、『目標設定を正しくしない事』です。

 

目標の設定を適当にしてしまうと、達成率は大きく下がります。

これから目標設定をするなら、最低限気をつけるべき事があります。

 

・抽象的な目標を設定する

『もっとお金を稼ぎたい。酒せしたい、もっと痩せたい』のような

目標はないよりはまし、くらいの目標です。

目標の実現をより確実なものにする為にはもっと良い目標を持つ事が重要です。

 

例えば、もっとお金を稼ぎたいという目標だと、どれくらいお金があれば良いという

具体性がありません。

具体性をもたせると、目標に対する行動が変わります。

抽象的な目標設定は目標達成が難しくなります。

 

・高すぎる(低すぎる)目標を設定する

良い目標は、自分が110%の力を発揮して達成できるような目標です。

絶対に無理な目標や、簡単に達成できる目標良い目標とは言えません。

 

目標というのは高すぎても、低すぎても落ベーションが上がらなくなってしまいます。

 

・本当にやりたい事以外の目標を立てる

『とにかく目標を立てないと』と思い、適当に目標を立てる事は避けましょう。

 

心からやりたいと思える目標でなければ、モチベーションを上げる事が、

難しくなります。

 

少し先の未来まで想像し、目標達成をしたらどれほど、

人生が変わるのかを考えてみましょう。

どのような困難があってもやり切りたい、と思えるような、

自分が本当にやりたい事だけに目標設定する事が実現の為のポイントです。

 

・まとめ

正しい目標設定をする事で、モチベーションが上がり成功への近道

となります。

自分にあった目標設定で、目標達成を目指しましょう。