就活はメンタルが重要。面接で他人との差をつけましょう。

就活中は誰もがメンタルが落ちがちになると思います。

新卒での就活、経験のない中それだけでもメンタルが落ちると思います。

また、将来への心配もありますし、内定を貰えずお祈りの連絡を貰うたびに

どんどん落ち込んでいく事と思います。

自分が否定されている気持ちになってしまう事でしょう。

 

私も新卒での就活時、『超就職氷河期』と言われる時代でした。

リーマンショックの影響で最悪な時でした。

就活アドバイザーからは、最低50社は受けなければと言われていました。

 

ここでは、誰でもできる事で、面接で他人との差をつける方法を書いていきます。

私も、これを気をつける事で内定をもらいました。

 

目次

・早口に気をつけよう

・元気こそ最重要

・少し肩の力を抜きましょう

・スーツは常に綺麗に

・まとめ

 

 

・早口に気をつけよう

どんなに面接の準備をして、万全だと思っても緊張は避けられません。

むしろ、準備をすればするほど、積み上げたものを無にしたくない、

と思い緊張していきます。

 

また、面接で喋れば喋るほど、緊張から『早口になってしまう』

なんて事があると思います。

実際に私もそうでしたし、面接を受けていると実際にいました。

 

面接は、会社との初めてのコミュニケーションをとる場なので、

早口には気をつけて、緊張を緩めていきましょう。

 

・元気こそ最重要

面接を受ける際に、最重要なのは『元気』である事です。

元気があるだけで、イメージは2割増しにはなります。

 

暗い人と、明るい人が居るならどちらの話を聞きたいと思いますか?

みなさん、明るい人の方だと思います。

 

このように、人の印象は操作できます。

他人との差をつけるなら、元気に振る舞いましょう。

 

・少し肩の力を抜きましょう

内定が人生のゴールではありません。

少し肩の力を抜いて、気楽にいきましょう。

 

内定が貰えない時、真面目な人ほど落ち込んでいくと思います。

なんでなんだ?、自分が否定されているように感じてしまうと思います。

 

真面目にやっても、気楽にやっても結果は変わりません。

力を抜く事で、冷静になれます。

 

・スーツは常に綺麗に

当たり前のことですが、スーツは常に綺麗にしておきましょう。

スーツの状態で、その人の印象が変わります。

シワシワのスーツに、良いイメージを持つ事ができないと思います。

『だらしない』と思われてしまいますよね。

 

また、スーツから常識力や協調性も見られています。

スーツの状態、派手さ、着こなしなど、今後一緒に働いて行けるか

会社の一員として働けるかを見られています。

 

・まとめ

就活は人生を決める戦いだと思います。

しかし、そこまで力まなくても大丈夫です。

簡単な事を心掛ける事で、有利に進められます。