やったらやった分、評価を貰いましょう。インセンティブで稼ぎましょう。

近年、日本的雇用慣行は崩れてしまっています。

それなのに、『年功賃金』、『終身雇用』が当たり前と、

考えている人も多くいます。

勤続年数が長くなれば、賃金が上がっていき、役職も上がっていく。

これでは、現在のデジタル化や、海外との競争では、

生き残っていけないと考えられようになりました。

 

そこで、今後は職務や成果を重視した賃上が主流になります。

現在、すでになりつつはありますが、全てとは言えません。

 

そこを見越した就活、転職活動が成功の秘訣となります。

 

目次

・日本型雇用から成果主義

インセンティブ(成果給)とは

・人手不足が影響

・まとめ

 

・日本型雇用から成果主義

日本型雇用システムとは、戦後の高度成長期を支えた雇用形態で

『新卒一括採用』、『終身雇用』、『年功型賃金』、などの特徴を

持った働き方です。

 

しかし、この働き方は崩壊しています。

大量の若手社員を低賃金で雇い、年齢が上がるほど、

賃金が上がるというのは、

右肩上がりの経済成長が望めず、新卒採用が控えられたら

成り立ちません。

 

現在では、経済のグローバル化によって、

成果主義が導入されてきています。

成果主義とは業務の成果によって評価し、報酬や人事が決定する事です。

 

インセンティブ(成果給)とは

目標を達成した場合の報奨金(ボーナス)の事です。

また、インセンティブ報酬は、毎月の給料とは別に、

報奨金(ボーナス)としてもらう事ができます。

 

インセンティブがある事で、目標達成の為のやる気が上げる事ができます。

 

・人手不足が影響

現在の人手不足が、裏には影響しています。

企業は、優秀な人材を確保したい。

その為には、成果を出した従業員には、インセンティブという形で

還元する事が当たり前となってくるでしょう。

 

・まとめ

時代は変わってきています。

流れに乗り遅れる事なく、成果を取りにいきましょう。

評価が平等にされるステージが整っています。