失敗したくない転職、転機を成功へ導きましょう。

転職は人生にとって大きな転機だと思います。

そんな転職で、失敗はしたくないですよね。

実際、転職を失敗しない方法はあります

それは、転職をしたい理由を整理する事です。

そこで、転職で失敗しない方法について書いていきます。

 

目次

・転職の失敗とは

・転職理由を整理します

・転職先を間違ってしまう理由

・転職が失敗したと感じる理由

・転職を成功させる為には

・まとめ

 

・転職の失敗とは

転職の失敗は『こんなはずじゃなかった』と思った時です。

転職に何を求めていたかで大きな差はできると思います。

 

ちなみに、転職には一定のストレスとそれを乗り越えるパワーが要求される

では、それを乗り越えられる人と乗り越えられない人の差はどこにあるのか。

最も重要な素養は、仕事に対する能動的な姿勢だと考えられる。

指示があるまで自分からは動かないといった癖の抜けない人は、 どれだけ職歴が適合しても、

新天地で伸び悩むケースが多いです。

多少畑違いではあっても、 常に主体的に課題を見つけて業務に取り組む習慣のある人材は、

中期的にはとてもフィットし、 戦力になっているものです。

 

・転職理由を整理します

この会社にいて自分が将来やりたい事が、できるだろうか?

と考えた事からだと思います。

そんな時は、今の会社でできる事はやりきったか考えましょう。

やりきっているならば、転職をしても失敗したとはならないと思います。

 

一時の感情で、動いていないかを考えましょう。

『今が嫌だから、やりたい事があるから』などの

漠然とした理由ではないですか?

『やりたい事を仕事にする』のは、辛くても続けられる覚悟が必要です。

そこまでの覚悟があるかを、しっかり考えましょう。

 

・転職先を間違ってしまう理由

転職先を間違ってしまうのは、転職への焦りや現在の仕事への不満などの、

感情が交じって、冷静な状況判断ができなかった時に起こります。

気持ちが焦っている状況では、妥協が出てしまうのです。

転職先を決める時は、前職に在籍中に行う事で、

焦りや、妥協を避ける事ができます。

 

・転職が失敗したと感じる理由

『転職に失敗した』のではなく、そこまでの価値を身につける事が

できなかったのかもしれません。

または、環境が大きく変わると期待しすぎていたのかもしれません。

このように、転職の失敗は、イメージとの差異から生まれると言えます。

 

・転職を成功させる為には

まずは自分の中で、転職理由を固めましょう。

転職の成功は、そこからはじまります。

 

そして、環境を整えましょう。

落ち着いて転職活動を行えるようにしましょう。

焦って行う事で妥協をうみます。

 

失敗しても良いと思う気持ちが大事です。

その気持ちが、自分をプレッシャーから解放してくれます。

追い込まれた状況では焦りしか生まれません。

 

理由を固めて、環境を整える事が最重要です。

 

・まとめ

転職は人生を決める大切なものです。

絶対失敗したくないと思うでしょう。

そんな時は、理由を整理し、成功への道を考えましょう。

焦らず、妥協しないようにしましょう。