30代のストレスは、想像以上。メンタルヘルスに気をつけましょう。

f:id:zhutianzhengming:20200202235618j:plain

30代は、いわゆる『働き盛りの世代』です。

仕事においても、家庭においても、責任が大利くなります。

 

また、30代は体力、気力の衰えを感じるようになります。

20代は徹夜しても大丈夫だったのに、30代になって無理が

きかなくなってきた、なんて感じると思います。

 

責任は大きくなるが、体力、気力は衰えます。

30代はストレスが大きくなり、精神的に辛くなります。

 

そんな時こそ、メンタルヘルスに気をつけ、

乗り越えて行くしかないのです。

ここでは、悩み、メンタルヘルスの気をつけ方について

書いていきます。

 

目次

・30代の悩みは?

 ・仕事の悩み

 ・家庭の悩み

 ・自分自身の悩み

メンタルヘルスに気をましょう

・何を気をつければいいのか?

・まとめ

 

・30代の悩みは?

まず、結論として、30代のストレスは気をつければ

乗り越えられます。

 

30代の悩みには以下のようなものがあります。

・仕事の悩み

キャリアも積み、職場での役職も上がり地位が上がって

います。

後輩(部下)の育成も任され、責任が増えます。

会社の為という気持ちも強くなっていると思います。

 

その反面、悩みを相談する相手がいなくなり

どうしても孤独になりがちです。

上司、部下との板挟みの構図が孤独を引き起こします。

責任は増えるが、弱音は言えないのです。

 

責任感が強い人ほど、ストレスを感じやすい為、

メンタルの不調を訴える人が多いのです。

 

・家庭の悩み

子供の教育の為の金銭的悩み、親の病気や介護の悩み、

住宅ローンや老後の悩みなど、多くの悩みが出てきます。

 

家、会社でも、気持ちが休まるところがなく、

ストレスが溜まっていきます。

 

・自分自身の悩み

『自分の人生はこのままでいいのか?』と悩む時期でしょう。

挑戦するなら今しかない。

 

あと、約30年は働かなければいけない訳で、

それを考えたら、転職、起業など、考える事思います。

 

メンタルヘルスに気をましょう

メンタルヘルスは、精神面における健康のことです。

 

近年、心の病への偏見が少なくな離ました。

メディア等で、うつ病への知識啓蒙がなされたのが、

背景にあります。

 

しかし、メンタルヘルスの不調と呼ばれる、

ストレスの増加で生じる心的不調は増加の一途

辿ってます。

 

自分に『無関係、大丈夫』だと思わずに、

メンタルヘルスの不調を感じたら早めに対処しましょう。

 

・何を気をつければいいのか?

1つ目は、仕事とプライベートの『ON、OFF』をつけましょう。

プライベートなのに、仕事の事を常に考えてしまったり、

日曜は次の日の事を考え、『心ここにあらずの状態』は危険です。

 

悩む時は悩み、楽しむ時は楽しむと、気持ちを無理矢理にでも

切り替えましょう。

 

2つ目は、全力で取り組もうとしすぎない事。

はじめる前から、全力で取り組むと困難な壁に当たった時に、

耐えられなくなってしまいます。

バランスが重要で、アクセル、ブレーキを使い分けましょう。

 

3つ目は、優先順位を的確につける。

優先順位をつけられないと、キャパシティオーバー

になってしまします。

今やるべきことは何か、優先順位を考えましょう。

 

・まとめ

人生における課題が、溢れるように出てくる30代。

ストレスがかかる場面が多くあります。

メンタルヘルスに気をつけて、