新卒はすぐ辞める。辞めることは間違い?

 

f:id:zhutianzhengming:20200209151943j:plain

目次

・すぐ辞めるメリット

・すぐ辞めるデメリット

・まとめ

 

新卒で入った会社、実際に入ってみたら思ったのと違う。

そう、思うことは当然だと思います。

 

ただ、まだ比較する経験値もないので迷うと思います。

周りの人は、一度勤めたら3年は働け、と言われたりすると思います。

 

では、すぐ辞めることは間違いなのか?

その判断は間違っていません。 

 

私も、2011年新卒で入った会社を3ヶ月で退職しました。

しかし、それは間違いではなかったと今でも思っています。

 

人の意見を聞くことは大事ですが、全てを鵜呑みにし過ぎるのは

良くありません。

最終判断は自分にあるのです。

 

私が3ヶ月で辞めた事でのメリット、デメリットを書いていきます。

 

・すぐ辞めるメリット

すぐ辞めるメリットは、まず、ストレスを最小限に抑える事ができます。

嫌な会社にいる事で、精神的に辛くなると思います。

その環境から早くに逃げ出す事ができます。

 

また、新しい会社に、新卒と大きく変わらず入社できます。

同じ時期に新卒として入社した人と、大きな差がない為

将来的に昇格する道があります。

 

そして、年齢が若いほど転職先があります。

年齢が若いだけで、大きなメリットです。

会社は若手社員を育成し、会社の色に染めたいものです。

そこで、まだ固定観念のない人を欲しがる傾向にあるのです。

 

 

・すぐ辞めるデメリット

では、逆にすぐ辞めるデメリットですが、まずは、

家族、友人に心配をかけます。

すぐに辞める事で、良いイメージはないですし、次も同じ事に

ならないかと思われます。

 

また、転職面接の時に必ず辞めた理由を聞かれます

企業側も、そこをネックポイントと捉えます。

その為、しっかりとした理由を考える必要があります。

 

私は、退職理由と入社意欲を混ぜて話しました。

退職理由はマイナスな話をするしかない場面ですが、

敢えて、そこは隠さず話しました、

あとは、入社意欲を話せばわかってもらえます。

 

・まとめ

どうしても辞めたいと思うことはあります。

続けることも大切ですが、辞めるという判断をしても良いのです。

無理をする必要はありません。

すぐ辞めたって良いのです。