普通じゃない?悩む必要はありません。他の人が言う普通は普通じゃないかもしれません。

 

 いったい、『普通て何でしょう?』、『常識とは何?』

どちらも、日常の中で良く使われていますよね。

 

小さな子供が、お母さんから

『あの子みたいに大人しくしなさい』

と言われる事。

私も小さい頃はこれ言われた事あります。

 

f:id:zhutianzhengming:20200219003205j:plain
お母さん

あの子みたいに大人しくしなさい。

f:id:zhutianzhengming:20200219003211j:plain

えーーっ。何で?

 

これは、お母さんの中で、『普通』ではないから言ってますよね。

 

では、ここで言う『普通』は誰が決めたのでしょう?

『普通』じゃないと判定するのでしょうか?

 

こここら『普通』『常識』のはかり方について考えていきます。

『普通』が『普通』じゃないかもしれません。

 

目次

・まず、はじめに

・普通とは

・なぜ、人によって違うのか?

・どう付き合えばいいのか?

・まとめ

 

・まず、はじめに

まず、はじめに言っておきます。

ルールを破ることが『普通』という事ではありません。

ルールはルールです。

ルールから逸脱してはいけない事を、忘れないで下さい。

 

・普通とは

普通の意味を調べてみると、普通というのは以下のような意味です。

 

一 ( 名 ・形動 )

①いつでもどこにでもあって,めずらしくない・こと(さま)。

②ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。

③特別ではなく,一般的である・こと(さま)。

二 ( 副 )

①その事柄が多くの事例にあてはまるさま。一般に。

②いつもではないが,ほとんどそうであるさま。たいてい。

                             (普通 とは - コトバンク

 

たぶん、考えていた意味で間違いなかったと思います。

 

しかし、実際は、一人一人『普通』というものは異なります。

 

 

・なぜ、人によって違うのか?

『普通』とは自分が属する集団によって異なります。

 

家庭、学校、会社、国、宗教というように、人間は複数の

組織に属します。

組織に共通する風習や文化によって、個人の『普通』は決まって

いきます。

 

そして、時間の流れに従って属する組織が変化していく為、同じ

人間でも『普通』の定義は変化していきます。

これは当然のことです。

 

・どう付き合えばいいのか?

では、どうするのが良いのでしょうか?

まずは、自身の『普通』が他者に当てはまるとは、限らない事を

認識しましょう。

 

近年では、普通じゃないと叩かれるの?

これは、自分の中での『普通』が全てで、その他の『普通』は

異質なものと考えられます。

 

SNSでもそう、メディアでもそう。

大衆の考えとの違いを、際立たせる演出がされていると思います。

 

大衆の普通は、近い普通観を持つ人間の集合体です。

 

『大衆の普通』は容易に『個人の普通』を否定します。

 

・まとめ

『普通』じゃないは、あくまで他人の『普通』であって、私の

『普通』ではないのです。

悩む必要はありません。