転職後の慣れない時期は辛い。苦しい時の乗り越え方。

f:id:zhutianzhengming:20200222184640j:plain

転職したけど、今が最高に辛い。
頑張っているけど、ミスしてしまう。
先輩に嫌な顔されて、人間関係が辛い。

こんな悩みを解決します。

 

️本記事の信頼性

この記事を書いている私は、会社がOJTを取り入れていた事もあり、
その担当をしていました。
新人教育係を6年間勤めたことある為、特徴というのは、わかっています。

自身も転職活動中に、ハローワークの担当者より怪しい求人の見方について
教えてもらった知識も踏まえて話していきます。

 

まずは結論として、『転職後の慣れない時期の苦しい乗り越え方』はあります。

まずは、自分がどうしたいのかが鍵になります。

順を追って説明します。

 

転職をしたばかりなのにもう辞めたい

転職して1ヶ月経つ頃には

 

f:id:zhutianzhengming:20200222184640j:plain

はぁ、辞めたいな

との闘いになっていませんか?

 

理由は人それぞれ違いますが、

・仕事でのミス

・人間関係

・理想と現実とのギャップ

が多いと思います。

 

『この辛いのが続くなら辞めよう。まだ試用期間だし』

と考える事でしょう。

しかし、それは何の解決にもなっていません。

むしろ、繰り返すリスクの方が高いと言えます。

 

では、どうしたら良いのか?

転職後の慣れない時期の乗り越え方

まずは今、自分は何が辛いのか?原因は何か?を考えましょう。

 

POINT

自分と向き合う時間を作ることが大切です。

・自分と向き合う時間を作ることが大切です

具体的な解決法は全部で5つ

f:id:zhutianzhengming:20200222191916j:plain

人間関係に徹してみる

お互いがよく知らない状態で、仕事を覚える作業がはじまります。

誤解が生まれやすく、注意が必要です。

 

転職の場合、新卒と違って経験があると思われていることが多く

教え方も雑になり、できないと険悪になったりします。

 

自分は、メモをとって頑張っているのにと辛くなることでしょう。

 

これは人間関係の問題でもあります。

 

人間関係ができていたら、お互いの現状と課題が分かるからです。

何ができて、何ができないのか、最適な方法はと考えます。

 

それなら、人間関係を築くことに徹してみましょう。

自分の経験してきたこと、何が得意で、不得意なのかを話したり

できるようになれば変わります。

 

最初は、難しいですが一歩踏み出してみましょう。

睡眠、休養

慣れた環境と、新しい環境とでは疲れ方が違います。

 

新しい環境では、普段と違い、体と心に大きな負担がかかります。

しっかり、睡眠と休養をとって回復に努めましょう。

自分を褒める

自分を褒めてあげましょう。

『慣れない環境で、毎日頑張ってる』

『行くだけでもすごいのに、仕事までしてる』

しっかりケアしましょう。

 

好きなものを食べて、好きなことをしましょう。 

今日のことだけを考える

将来のことは、今は忘れましょう。

不確定な未来のことよりも、今は目の前のことに集中しましょう。

 

今日1日をを精一杯に生きる。それだけで十分です。

今日を生きましょう。 

最終手段として辞める

もう何をしても無理だ。仕事に行けない、体が動かない。

そうなったら辞めましょう。

 

体、心を大事にしましょう。

ここでだめでも他にあります。

 

あなたの価値は、ここでは活かせなかっただけです。

あなたの全てが否定された訳ではありません。

 

失敗は次に活かしましょう

実は、問題がありそうな企業は、求人の段階である程度避けること

ができます。

問題がある企業の求人票には、特徴があります。 

アットホームな職場などのアピールがある 

求人票で人間関係が良好とアピールしている。

これに多いのが、体育会系の用な風習がある会社です。

 

プライベートにも踏み込んできたりするので、良いとは言えません。

20〜30代の若手が活躍

長続きする人が少ない可能性が高いです。

続かないから、この年代しかいなかったり、若手社員を集める為に

書いてあることが多いです。 

未経験者歓迎 

とにかく人材不足な場合。人が辞めるから人が足りていません。

人を使い捨てと思っている企業かもしれません。 

常に募集している 

これは常に人材が、一定数ずつ辞めてるからの可能性が高いです。

辞めた分を補填する為にずっと募集をかけていると言えます。

 まとめ

『転職後の慣れない時期の苦しい乗り越え方』をぜひ実践してみて

下さい。

ただ、言えることは無理をしない事です。

経験を次に活かして乗り越えて行きましょう。