【20代】転職は何回まで許される?転職をする前に自己分析をしましょう。

f:id:zhutianzhengming:20150210133940j:plain

現在では、新卒で会社に入ったら、その会社で定年まで働くことが一般的だった時代から、転職をすることも珍しくない時代へと変わりました。

20代の若手社員であっても、転職を考える人も多いのです。

20代と年齢が若ければ、多くの企業が募集しています。

 

しかし、20代といえども何度も転職を繰り返しているのは問題です。

 20代という短期間で繰り返していると、長続きしないという印象を与えます。

さすがに、企業からも敬遠されるようになります。

 

転職回数が多くなってしまうのには、原因があります。

 

ここでは20代の転職回数の限界と、対策を紹介します。

POINT

転職回数が多い人は、転職前の自己分析が不足しています。

20代の転職は何回まで許される?

まず、気になる事として『20代の転職は何回まで許されるのか?』でしょう。

20代の転職は、転職はじめての人が多いため知っておきたいところでしょう。

 

リクナビNEXTが2017年1~6月までに新規登録したリクナビNEXTの会員データを年代別に集計しました

 

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。

約20%が1〜2回の転職を経験したという結果になりました。

f:id:zhutianzhengming:20200306165735p:plain

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態

 

98%以上が2回までに収まるので、3回以上になると多いと判断されることがわかります。 

結論

3回以上の転職は不利になると言えます。

転職3回以上の企業の印象は

ストレスに弱い人

すこし辛いことや嫌な事があるとすぐに仕事を放棄するのではないか?

忍耐力が足りないため、長続きがせず、何かあればすぐに仕事を辞めてしまうのではないか?と思われます

どうしても、転職回数が多い人は、ストレスに弱い人だという認識をどうしても持ってしまいます。

企業からするとすぐに辞める人は困るので、転職回数が多い人は敬遠されてしまうでしょう。

協調性がない人

転職が多いのは人間関係が上手く築けなかったのではないか?

と思われます。

組織の中えは協調性が求められます。

どんなに個人の力が優れていても、周りと協力人間は必要としません。

人間関係を構築できない協調性のない人では勤まらないと考えます。

改善しない人

転職回数が多いのは、辞めてしまった時の理由を分析し次の仕事選びに活かせていないということです。

 

企業からしたら、改善しない人はまた同じことを繰り返すのではないかと思います。

結局すぐ辞めてしまうのではと考えます。

 

そして、改善しない人は仕事においても改善できない人と思われます。

仕事では常に改善することが求められます。

改善できない人材は使えないと判断されるでしょう。

 

では、転職回数が増える人には何が足りていないのか?

 

大切なのは、転職する際に前職を辞める理由を深掘りしましょう。

転職を考える具体的な理由

給料が安い

給料が安いのが理由なら、選択肢は給料で絞りましょう。

転職先が給料が安いなら、結局同じことの繰り返しになります。

休みがない、残業が多い

休みがない、残業が多いが理由なら、今の業界がダメかもしれません。同じ業界ではなく別業界にしてみましょう。

仕事内容が自分に合っていない

仕事内容が自分に合っていないのであれば、新しいことに挑戦してみましょう。

会社を変えたところで、自分に合ってないのは変わりません。

人間関係が嫌

人間関係が嫌なのが理由なら、転職したところで変わらない可能性が高いです。

人間関係はどんな会社でもあり得る悩みです。

どうしても合わない人は社内に1,2人は居ます。

転職した先でも、同じ状況に置かれた時のことを考えておく必要があります。

もし、同じ状況になったら辞めるのか?それでは転職回数が増えてしまいます。

 

人間関係が嫌の場合は耐える努力も必要です。