30代前半までに身につけたい。リーダーシップ

f:id:zhutianzhengming:20200308182813j:plain


会社内では、30代前半になると後輩社員もたくさんでき、中堅社員として扱われるようになります。

そして、だんだんと責任あるリーダーとしての役割を与えられるようになります。

 

リーダーならではの悩み、壁に当たることでしょう。

f:id:zhutianzhengming:20200220005942j:plain

リーダーは、こんなに大変だったのか。
もう嫌だな。

となってしまうことでしょう。

 

そこで、リーダーになるまでに準備をして経験を積んでおくことで解決することができます。

 

ここでは、リーダーにはどんな能力が必要なのか、20代で身につけるべきことについて書いていきます。

記事の概要

プレイヤータイプのリーダーが抱える悩み、20代からつけておけばよかった能力の紹介。

リーダーの特徴3つ

まずは、現在のリーダーにはどのような特徴の人がいるかを見ていきましょう。

 

プレイヤータイプの人

最前線に立って、成果を求める人です。

欠点として、人を動かすことが苦手なタイプが多いです。

 

部下の成長を促す人

部下の成長に力を入れ、責任ある仕事も与えて伸ばしてくれる人です。

部下が成長するまで、成果が疎かになってしまう事が多いです。

 

部下を力でまとめようとする人

自分の指示は絶対として、自分の思うように動かそうとする人です。

厳しすぎると、退職者が多くでてしまいます。

 

ここで注目すべきは、プレイヤータイプの人です。

近年では人手不足が言われており、リーダーとしての仕事だけではなく1人の社員として最前線に立つ、

プレイヤータイプのリーダーが多いのです。

プレイヤータイプのリーダーが抱える悩み

多くのリーダーは、専門性も経験もないまま30代を迎えてしまった人が多いです。

リーダーになる為の、教育、研修も特に受けることなくリーダーになってしまったのです。

焦りや後悔が襲ってきたいる事でしょう。

 

f:id:zhutianzhengming:20200220005942j:plain

では、どうするのがよかったのか?
20代でできることはなかったのか? 

20代からつけておくべき能力が2つあります。

20代からつけておくべき能力2つ

人を動かす能力

チームリーダーは、人を動かす能力を身につけることが不可欠です。プレイングマネジャーであるチームリーダーの最大の仕事は、人を動かす能力をつけることが大切です。

 

自分で動くのではなく、周りの人を動かし進めていくのです。

 

組織には、人が動きやすくするために共通の価値観が必要です。

リーダーは組織に必要な共通の価値観を周りに訴えていくのも大きな役割です。

 

20代の内から、周りの人と仕事を分担して進めて行ったり、組織で働く価値観を考えるようにすることで鍛えることができます。

先読みする能力

リーダーは組織の先を読む力が大切です。

リーダーは組織の案内人であって、みんなを導かなければいけないからです。

 

20代の内から、先読みする力をつけるましょう。

自分が今やってる仕事が、先にどう繋がっているのかを考えながら進めましょう。