勉強嫌いの私が、やる気を出す為にやっている6つの方法。

f:id:zhutianzhengming:20200314113346j:plain

f:id:zhutianzhengming:20200314113534j:plain

勉強しなきゃいけないのに、全然やる気がしない

 

 となってしまい、自分が嫌になったりした事はありませんか?

『勉強をはじめるまでが時間がかかる。スイッチがはいらない』

なんて事があると思います。

 

私はいつもこんな気持ちでいました。

 

f:id:zhutianzhengming:20200314113534j:plain

楽してやる気が出る方法はないのかな?
楽して勉強できるようにならないのか?

 

 ばかり持っていました。

 

そんな私がやる気を出すために行っていた方法を書いていきたいと思います。

まずは嫌々勉強してみる

まずは何もしていないので、勉強に対するやる気が出ない思いますがとりあえず勉強してみましょう。

 

では、なぜ嫌々勉強してみるのか?と疑問に思うと思います。

一旦やってみる事で、勉強スイッチが入る事があります。

 

やる気が出ないからと言って、勉強を始めない事には何もはじまりません。

 

『嫌々やっていた時にも、少しは記憶できていた』なんて経験結構あると思います。

 

まずはこの時間は勉強すると決めて、無理やりにでもはじめて下さい。

ながら勉強をしてみる

嫌いな勉強に楽しめるものをプラスして、マイナスイメージを減らしましょう。

 

具体例として、

・音楽を聴きながら

・話をしながら

・テレビを見ながら

などです。

 

『ながら勉強』をしてみましょう。

そんなの絶対意味がないと思うかもしれません。

 

ここで重要なのはまずは、やる気を引き出す事です。

 

もちろんこの方法は集中力を下げてしまう為、やる気が出てきたら勉強に集中するようにしましょう。

 環境を変えてみる

やる気が出ない時は、勉強する場所を変えましょう。

具体的な場所として、図書館やカフェなどです。

 

やる気というのは『1時間』も維持する事はできません。

その為、一旦気持ちをリセットする為にも場所を変えましょう。

 

また、家で勉強しているとどうしても誘惑が多いです。

自分が怠けないようにする為にも、環境を変えるのはやる気を出す為にも必要と言えます。

 

ただ注意しなければいけないのは、誰かの迷惑になるような時と場合は避けるようにしましょう。

ご褒美を与えてみる

とりあえず何でも良いので終わった後のご褒美を自分に与えましょう。

 

具体例として、

・アイスを食べる

・漫画を読む

スマホをいじる

・遊びに行く

などです。

ご褒美があるという人参をぶら下げて、そこまで頑張ろうとやる気を継続させましょう。

30〜60分寝てみる

どうしてもやる気が出ない時はあると思います。

そんな時は無理する必要はありません。

やる気が全く出ない時は、一度寝てみましょう。

 

寝る事で頭がすっきりしますし、一度気持ちをリセットすることができます。

 

勉強をする為のコンディションを整えて、やる気を上げましょう。

ただ、注意点としては寝過ぎないようにしましょう。

その日は勉強を諦めてみる

これは最終手段として使いましょう。

何をしてもやる気が出ない時は、やらないのも1つの手段です。

 

そんな時は、勉強の事は忘れてスッキリしましょう。

無理してでもやらないといけない、と考えるかもしれません。

 

ただ、そんな時に勉強しても記憶力も落ちますし、時間も無駄にかかってしまいます。

何より勉強が嫌いになってしまいます。

嫌いと思ってしまえば、やる気は出ません。

 

その日は気分転換に使いましょう。

まとめ

やる気を出す為の解決法として6つ挙げてきました。

最終的に一番大事なことは「メリハリをつける」ことです。

全ての休憩は「勉強のやる気を出すため」なので、

メリハリが無ければ休憩を取った意味はありません。

休憩する時は、勉強の事を忘れましょう。

そしてやる気が出た時にまたはじめましょう。