『忙しい』と言い訳して、転職を先延ばしにしても不利になるだけ。

f:id:zhutianzhengming:20200315060519j:plain

『転職したい』と誰もが一度は思っていると思います。

f:id:zhutianzhengming:20200224064040j:plain

今の仕事に興味が出ない。
一生となるとこの仕事は無理だな。

と思っている人は多いと思います。

 

ただそう思ってはみたものの、『この時期は仕事が忙しいし、今は行動できない。』

 

忙しいを言い訳にして、行動していない、なんてことはありませんか?

仕事のやる気も出ない中、何もしないで時間だけが過ぎている人も多いのが現実だと思います。

 

しかし、それでは何も解決しません。

先延ばしをしたところで、転職が不利になっていくだけなのです。

f:id:zhutianzhengming:20200224064040j:plain

じゃあ、どうしたら良いの?

 

と迷うことでしょう。

ここでは転職を先延ばしにする原因と、解決策を書いていきたいと思います。

転職活動に疲弊、やる気がなくなる原因3つ

・現職での仕事の忙しさ

・転職活動でのカロリーの消費

・選考に落ちている内に、自分が否定された気分になる

 

転職活動は『時間、体力、気力との勝負』と言えます。

現職での仕事の忙しさ

現職がとにかく忙しく、帰宅後の時間や休日に転職活動をするやる気が起きなくなります。

結局、今の仕事から抜け出せなくなっています。

『何の為に仕事しているのか?』という疑問はあるものの、現在は収入があるので転職を先延ばしにしてしまっています。

転職活動でのカロリーの消費

『内定がもらえない』というネガティブ思考

転職活動をしていても、必ずしもうまく行くとは限りません。

中々、内定がもらえない事もあります。

 

不採用が続くと、やる気がなくなっていきます。

そうなってしまうと、負のスパイラルに陥ってしまいます。

『どうせ内定がもらえない』、『認められない』と無意識にネガティブ思考になってしまいます。

ネガティブ思考の原因

他人と比較する事でやる気をなくしてしまいます。

自分自身がうまくいっていない時ほど、劣等感を抱くようなってしまいます。

他のプラスの情報に対して敏感に反応してしまい、ネガティブ思考になっていきます。

 

自分よりも優れている誰かを見つけては、自信をなくすというネガティブなループに入ってしまいます。

転職活動に集中する為の解決策

転職活動への集中力を無理やり上げる

例えば、転職する前に退職してみましょう。

退職し、環境を変える事で集中力を高めることができます。

また無職となる事で、生活ができなくなるので転職活動に力を入れざるを得なくなります。

自分を追い込む事も一つの手段です。

思い立ったらまず行動しましょう

まずは、思い立ったら行動する癖をつけましょう。

結局先延ばしにしたところで、結果は悪化しかしません。

『自分が何をしたいのか』を心に聞いていみて、自分に素直に行動しましょう。

まずは、行動する事が重要です。

まとめ

転職を考えたら、まず行動してみましょう。

やる気は無理にでも出して、転職活動に臨みましょう。

遅いより、早いが大切です。